2007年11月20日

ねこのばば 畠中恵

え!? 身体が弱くて、繊細で、正義感いっぱいの、あの若だんながグレちゃった?
犬神や白沢、屏風のぞきに鳴家など、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件の数々――。
ドキドキ、しんみり、ほんわか、ハラハラ。愛嬌たっぷり、愉快で不思議な人情妖怪推理帖。
ファン待望の「しゃばけ」シリーズ第三弾!


うわー!やっぱり順番通り読みたかったよー。
大きな影響はないけどさ〜…。

・茶巾たまご
若だんなは健康が長く続くし、お店がもうかったり、小判が出てきたり。
福の神がいる?!
福の神は、今にもつぶれそうな海苔問屋の元下男金次?!

下男金次の正体がねー。
やー、あれ?とは思ったのよ。
金次がいるのに、鳴家に探し物指示するから、あれ?って。
でも触れないから、私の読んだ解釈の違いかと(^o^)

しかし、普通の人は、どうもてなしたらいいのやら…。
見えないんだもん…。
心を込めてもてなすって、どうやって?!

・花かんざし
「おまけのこ」に出てくる於りんちゃん+おしろいお雛登場!
於りんちゃん、こんなかわいそうな運命の子だったのですねー。

しかし、鳴家が…私は…
かわいくて、たまらんっ!!!
私も、にぎりしめたい!

私の家も、古いから、歩くとギシギシ。
鳴家がいるね(^o^)

お金持ちの若だんながいるので、続々と屋台に出てくる妖たち。
ほほえましいねー。
うれしそう・おいしそうに食べてる姿を見るのは、楽しいもんね。

若だんなの両親のはしゃぎっぷりが(^o^)
女の子は飾りがいがあるもんねー(^o^)

・ねこのばば
以前お札をもらった、お寺が登場!
桃色の雲(夕焼け雲)がなくなった+猫又救出+お寺で殺人。
を若だんなが解明!すごい!!

それにしても、ラストの1文が最高です!!
味を思い出してるのかな?(^o^)

・産土(うばすな)
佐助(犬神)の過去。
仁吉の過去は語られたのに、何で佐助はないんだよーと思っていたら、ここで語られてたのか(。>0<。)

出自はともかく(だから霊力?妖力?強いのか?)若だんな、ピーンチ!!

っていうか、まさかあのお父さんが、こんな事するなんて…(。>0<。)
お金って…お金って…。

そして、うわぁー!!死んじゃったよー、若だんな〜〜〜!!


まあ、ただね、ヒントはあったんだよ。
仁吉は?
なぜ若だんなに相談しない?

佐助の孤独感が伝わってきて、最後深く安堵するのでした。
よかったね、佐助。居場所があって。

若だんなを大事にするのも、理解!

・たまやたまや
栄吉の妹、お春の嫁入り話。

そういえば、「おまけのこ」で、あれ?結婚してる?と思ったけど、大騒動だったのね。

現代みたいに、もう少し結婚適齢期が遅ければ、また違った未来もあったかもね。

お春は、何を話して結婚を決意したんだろう?
あんまり良い人には、思えなかったけど…(^o^)

若だんながまた大ピンチで、鳴家(屏風のぞき)の機転で助かったけど、その結果が…(^o^)

吊るし上げに、逃げ回り、差し入れ禁止って…(^o^)
読んでいる分には、おかしいのである(^o^)


ねこのばば
ねこのばば
posted with amazlet on 07.11.20
畠中 恵
新潮社 (2004/07/23)
売り上げランキング: 63281
おすすめ度の平均: 4.5
4 とにかく可愛い、ほんわかします
4 いちばん怖いのは人間だったりして。
4 暖かいだけじゃない話


こっちは文庫。安いし、なぜ表紙が違うのよー。二つとも欲しい…。
ねこのばば (新潮文庫)
畠中 恵
新潮社 (2006/11)
売り上げランキング: 679
おすすめ度の平均: 4.5
5 それぞれの「居場所」 
4 江戸の事件
4 すっかりおなじみになりました
posted by 北海道人美和 at 00:38| Comment(0) | 作家別 は行>畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

所轄刑事・麻生龍太郎 柴田よしき

人情溢れる下町を奔走する新米刑事・麻生龍太郎、25歳。誰の目にも日の当たる道だけを歩んでいるように映る龍太郎だが、人には明かせない秘密があった…。緑子シリーズの人気キャラの過去が明らかになる連作警察小説。


所轄刑事・麻生龍太郎
柴田 よしき
新潮社 (2007/01/30)
売り上げランキング: 92968
おすすめ度の平均: 3.5
4 さらさらと
4 私の一押し刑事、麻生龍太郎の所轄事件簿
3 これだけでもふつうに楽しめます


麻生といえば、練なんだけど…。
それとは違って、さくさく読めておもしろかったです。

錬が出てくるシリーズが、読みたい!
でもこの後悲劇が待ってるだろうから読みたくない!
でもやっぱり読みたい!とかっていう葛藤も好きなんだけど(^o^)


読み終わりも爽やかなんだけど、一応犯罪ものなんだよなー。


犯罪=動機・犯人・方法の謎解きミステリーなんだろうけど、私は、犯人は?どうして?とか特に推理しなかった。
だって、麻生が聞いている話を、真剣に読んでいたら、麻生が解決しちゃうんだもん(^o^)


「大根の花」
下町の住宅街の花(鉢やプランター)+子供の自転車のサドルが壊される。
変わるかもしれないけれど、将来は立派な犯罪者の妻になりそうです。
普通の人は、カッとなって物に当たるって言っても蹴る位じゃない?
刃物持ち歩いてて、切り裂くなんてねー。

「赤い鉛筆」
真面目な人ほど、怖いのに…。
いっときの快楽の為に手を出すから、こんなはめに。

「割れる爪」
かわいそうといえばかわいそうだけど、バカバカしいったらバカバカしくてあきれちゃう。
そんな考え方をするから、捨てられるんだよ。

「雪うさぎ」
見事な精神異常による逆恨み。
まっ、どうせ、優し〜〜い支援団体や弁護士先生が援助してくれて無罪でしょうよ。
次に殺す人は、そういう人にして下さい。

「大きい靴」
こちらも、頭からっぽ・体だけ大人のなれの果てですな。
とりあえず子供には害がなくて、よかった。
それにしても、悲しい「正解でーす」だな。
成長して、その意味に気づいたら、傷つきそうだ。
些細なことだし、麻生しか知らないから、大丈夫かな。

「エピローグ」


しかし、この後で、麻生は錬と出会うんだよねー。
どう考えても、麻生はここにいた方が幸せだったよな、残念。
それにしても、もう色々忘れちゃってます。
及川って…どこかで絡んできてたっけ?
posted by 北海道人美和 at 00:49| Comment(0) | 作家別 さ行>柴田よしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

ドラゴンラージャ 4要請 5野望 イ・ヨンド

首都バイサスインペルは、はなやかな祝祭日。フチたちが宿でくつろいでいると、ペテン師が現れるが、ネリアの大胆な行動で、追いはらうことに成功した。翌日、イルリルが去り、ついに王城で国王に謁見する一行。ところが、国王の関心事は、隣国ジャイファンとの戦争のことだけだった。ため息をもらしたカールは、国をゆるがす事実をゆっくりと語りはじめる。
首都で待ちうけていた運命の扉。国家をこえた因縁が、大陸を飲みこむ!

エデルブロイのハイプリーストから依頼されたのは、ドラゴンラージャの資質を持つ少女の捜索だった。納得できないフチだったが、身代金を用意するためには、捜すしか道はない。仲間たちも協力を約束し、一行は決意をかためた。ネリアの提案で、盗賊ギルドを訪ねることになったフチ。だがそこには、おそろしい罠と意外な人物が待っていた。血ぬられた首都バイサスインペル。ひとりの少女をうばいあう壮絶な抗争がはじまる。


ドラゴンラージャ〈4〉要請
イ ヨンド ホン カズミ
岩崎書店 (2006/03)
売り上げランキング: 76200
おすすめ度の平均: 5.0
5 とにかく楽しい!


ドラゴンラージャ(5) 野望
イ ヨンド ホン カズミ 金田 榮路
岩崎書店 (2006/05)
売り上げランキング: 13671
おすすめ度の平均: 5.0
5 フチ最高!!


4
ぶじ首都に到着して、ぶじ身代金の宝石も用意されることになって。
(ここでも出会った人に助けられた…。助け・助けられだね)

後は、首都でのんびり、宝石待ち。
用意してくれるのは、王様だし。と思っていたら………。

ラスト…故郷に期日までに帰れる?!

ってか、隣にいる人では?と読者皆、思ってるんだろうなー。私も(^o^)


5
助け・助けられで、力強い味方が一気に3人増え。

それにしても、いまだ故郷に帰れず、今度は国を救うため、1人の少女を探すことに。

だから、ネリアでしょ!って。

って、全然見つからないー。
見つけようとしてないー(^o^)

赤毛を染めてる場合もあるんじゃないの?とも思うんですけど。

現実みたいに色々あって全然あきないんだけど、早く見つけて帰って、退治しようよ〜。

しかし、サンソンは、あくまでも故郷の女の子にラブラブなんですね。
posted by 北海道人美和 at 00:44| Comment(0) | 作家別 あ行>イ・ヨンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

手紙 東野圭吾

武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。
判決は、懲役15年。
それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。
一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。
日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。


加害者側のお話ですよね。

最後に…

泣きました。(。>0<。)

職場で読んでいたので、涙が…。


それまでは、たんたんと読んでいました。

心が狭い…と思われるかもだけど、やっぱり犯罪加害者の肉親にも責任があると思うから。
関係が近い場合は特に。

この話も、お兄さんが窃盗だ・強盗だ なら、また違ったかもしれない。
でもたとえ、どんな理由でも殺人です。

弟は知らなかったし、関係ないその嫁・子供。

そりゃ関係ないよ!
でも私は無理。

仲良くしていて、後から知ったのならともかく。
知っていて、仲良くできる自信はないです。


最後に泣いたのも、加害者・加害者家族に共感したからではなくて、

上手く言えないけど、

生まれ育ち・境遇が違っていたら、多分おこらなかった犯罪だったから。
(たとえば、たった一つ、お兄さんが体を壊さなかったら…。
それだけでも、こんな境遇にはならなかったんじゃないかな。)

兄弟が兄弟として、会える日が来るのか?

とか、色々思っちゃっただけなの。


しかし、映画はどんな風に変えているのやら。
だって、沢尻エリカの役はいつ出てくるの?って思ってたよ、私。

それに、映画ではそんなに長い年月がかかってのラストシーンじゃないよね?
わからん。
まさか、模倣犯のような、とんでもない映画にはなってないよね?!

手紙
手紙
posted with amazlet on 07.11.16
東野 圭吾
毎日新聞社 (2003/03)
売り上げランキング: 141922
おすすめ度の平均: 4.5
4 うーん
5 爆涙っ。
5 最後の感動のクライマックスに涙


手紙 スタンダード版
手紙 スタンダード版
posted with amazlet on 07.11.16
日活 (2007/04/27)
売り上げランキング: 1953
おすすめ度の平均: 4.0
5 愛、そして現実の生活
4 沢尻さんが輝いている
4 殺人は被害者も加害者も周りの人も皆不幸になる



ちなみに、この本を読んでいるのを見た妹。
「この作者って、東野圭吾様って言われてるよね?」(^o^)

私は知らん!(^o^)
基本的に、作者など、どんな人でもいいのだ、私は。
posted by 北海道人美和 at 01:22| Comment(0) | 作家別 は行>東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

ドラゴンラージャ2陰謀3疑念 イ・ヨンド

ヒュダイン河にかこまれた都市レナスに到着したフチ、サンソン、カール。
3人はそこで、闘技場を逃げだし、市場をおそうトロールに遭遇する。
なんとか退治し、街の宿“十二人の宿”で傷を癒していると、闘技場の悪い噂を知ることに。
そこに兵士が現れ、「闘技場へ補償金を支払え」と迫ってきた。
不審に思った3人は、兵士を捕虜にし、闘技場の主人、シリキアン男爵の邸宅へむかう。

領地カーライルの呪いを解いた一行は、再び病に倒れた住民のもとへむかった。
突然、行く手をさえぎったのは、すでに死んだ人間がよみがえった姿、つまりゾンビだった。
激しい戦闘の末、ゾンビを葬りさった一行は、ようやく神殿にもどる。
すると、街の子どもシューの姿が見えない。
足跡をたどって捜索にでると、断崖の洞窟であやしげな四人組に遭遇する。
隣国のスパイ、女盗賊、謎の放浪者、敵か味方か、それとも……!?
 

ドラゴンラージャ〈2〉陰謀
イ ヨンド ホン カズミ 金田 榮路
岩崎書店 (2005/11)
売り上げランキング: 54708
おすすめ度の平均: 4.0
5 フチ達大好き!
3 ('ゝ`)/〜〜旦
4 ネットゲーマーが読むと楽しめそう


ドラゴンラージャ〈3〉疑念   ドラゴンラージャ 3
イ・ヨンド 金田 榮路 ホン・カズミ
岩崎書店 (2006/01/20)
売り上げランキング: 188912
おすすめ度の平均: 5.0
5 おっ、おおおおっ!!



2陰謀

首都へ向かう3人なのですが…。
余計な事件に首つっこみすぎだって…(^o^)
気持ちはわかるけども、いくら余裕があるとはいえ…。

ただ、そのおかげで、ピンチの時に助けてもらえたり…というのもあるのよね。
これ、現代社会とも共通(^o^)

面白い以外に、特に感想もないのだけど(^o^)
図書館から借りているのだけど、どうも私より先に読み始めた人がいるよう。
しかし、読むのが遅い!!!
3巻借りるまでに、また待たないと…。


3疑念

この巻では、仲間(?)が、2人増えます。
いや、3人になりそうだったんだけど…。

何だか不穏な雲行きです。
でも、次巻は、やっと首都?!
posted by 北海道人美和 at 00:46| Comment(0) | 作家別 あ行>イ・ヨンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

おまけのこ 畠中恵

鳴家(やなり)が迷子? そのうえ若だんなが吉原の娘と駆け落ちだって? そりゃ、大変だっ!――愉快な妖怪人情推理帖。お待ちかね「しゃばけ」シリーズ第四弾!
摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。親友・栄吉との大喧嘩あり、「屏風のぞき」の人生相談あり、小さな一太郎の大冒険ありと、今回も面白さてんこ盛り。お待ちかね、大好評「しゃばけ」シリーズ第四弾!身体は弱いが知恵に溢れる若だんなと、頼れるわりにちょっとトボケた妖たちの愉快な人情妖怪推理帖。


おまけのこ
おまけのこ
posted with amazlet on 07.11.11
畠中 恵
新潮社 (2005/08/19)
売り上げランキング: 4308
おすすめ度の平均: 4.0
4 「おまけ」の意地
3 一読の価値あり
4 娯楽を超えた


あ〜〜〜もうっ!
「ねこのばば」が、なかなか返却されない!
だから、とばして読んじゃう。
続き物がありませんように…祈…あるし(。>0<。)
あ、でも、読んでなくても内容わかるから大丈夫だけどね。


面白い!いとおしい!
それが、感想です。
とにかく、読んでいる間、ニコニコと。

「こわい」
ちょっと切ない。
狐者異(こわい)という妖。
何で嫌われているのか…。
関わると、自分にも周りにも不幸が…と、いうことなのよね。
かわいそうです。
それを知った若だんなが、手を差し伸べるのです。

ホロッ(。>0<。)
良かったねー、こわい。
どうなるかわからないし、心配だけど、もしかしたら…若だんななら…。

そして、この結末が、こわいが孤独である理由なのですね。
ちょっと、現代人に通じる話かも。

「畳紙」
おしろいを包んでる紙のこと。知らない…(^o^)
新しい妖は、出てきません。
「ねこのばば」に出てきた厚化粧の娘と、屏風のぞきが登場人物。
屏風のぞき、良い男ですなー(^o^)
文句言いながらも…(^o^)
そして、親子愛って難しいねっ。

「動く影」
一太郎の小さい頃の話。
まだ仁吉も佐助もいないので、1人で妖騒ぎを解決!
この影響で、栄吉と深い絆が結ばれたのかねー?

「ありんすこく」
遊女をさらって失踪?!吉原の話。
(挿絵の投扇興の鳴家が、かわいい!!)
体の悪い子の為に、人肌脱ぎます。妖の手を借りて。
自分を重ね合わせて…。

「おまけのこ」
鳴家が大活躍!大冒険!
そして、鳴家を見分けた若だんなに、鳴家と一緒にホロリ。
うれしいよねー!!鳴家!
真珠を月と思う鳴家が、好き・好き(^o^)
タグ:しゃばけ
posted by 北海道人美和 at 23:24| Comment(1) | 作家別 は行>畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

黒十字の騎士 ジェイムズ・パタースン

巨匠が贈る壮大な歴史アドベンチャー・ロマン
時は11世紀。南フランスの村で妻ソフィーとともに宿屋を営むユーグは十字軍に加わったものの、敵味方双方のあまりの蛮行に嫌気がさし、やがて帰郷した。
しかし、彼が目にしたのは焼け落ちた自分の宿。
村人によれば、謎の騎士団が襲来し、宿に火を放ってソフィーを連れ去ったという。
冷酷な領主ボードワンの仕業だと直感したユーグは怒りに燃えて、ソフィーを奪還すべく行動を開始する。
が、その前途に渦巻くのは、計り知れない価値のある聖遺物をめぐる密謀だった!
全米ベストセラーNo.1に輝く壮大なスケールの歴史アドベンチャー・ロマン!


エミリーの正体も、やっぱり!
アンティオキアの聖ペテロ教会にあった、キリスト教世界で最高の宝物(聖遺物)も、やっぱり!

でも、超おもしろかった。
宗教に名を借りて行なわれる、数々の残虐行為の描写。
宗教嫌いの私が、更にキライになれる傑作です。

(バカ公爵は、知らなかったのね、エミリーの正体。(^o^) )

ところで、翻訳者があとがきで
「ユーグ(主人公)はいいな。ほとんど毎日が心躍ることの連続で…。」と。

あとがきの冒頭から、???と違和感を感じていたんだけど、ここで、

はぁ〜ぁ〜〜!!!!!!!(`へ´メ)

主人公がいいと?!
自由を求めた十字軍の戦争で、仲間が死んで、虐殺の地獄絵図を見せられて。

自分が持っているもののせいで、
愛している妻は、犯されて囚われて、やっと見つけたら死んで。
いない間に生まれた子供は、抱く前に生きたまま炎の中に投げ込まれて。
義兄は、馬に左右に引かれて八つ裂き。

復讐の為に道化師になって、敵に雇われ。
恩師も殺されて。
自分を信じてついてきてくれた人たちが、城の前で虐殺されていく。


そんな生活が、いいんですか!!!

私は嫌だけどね。
男の人は、こういう日々は「胸が躍る」楽しい事なのでしょうか?


ちなみに、ロンギヌスの槍ですよー!
(作中では、ロンギノスの槍)
キャ〜〜〜!!エヴァ〜〜〜!!!

でも血が混ざっちゃったから、イエスの遺伝子(作 マイクル・コーディー)で、これが使われてたら、大変だったね(^o^)


黒十字の騎士 (ヴィレッジブックス)
ジェイムズ パタースン アンドリュー グロス James Patterson Andrew Gross 大西 央士
ソニーマガジンズ (2004/04)
売り上げランキング: 191327
おすすめ度の平均: 4.0
3 壮大な"おとぎ話"
5 読まずに死ななくてよかった!
3 読みにくいかも…
posted by 北海道人美和 at 00:41| Comment(0) | 作家別 さ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。