2008年11月25日

容疑者Xの献身 東野圭吾

数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。
湯川は果たして真実に迫れるか

2007年10月28日に、読み終わって感想書いてました(^o^)
今更ですが…。


私ごときが言うのは何だけど、この本、評価難しいです。

というのも、つまんないです(^o^)
一度は読むのを、やめました。真ん中頃。

でも、まさかこれで終わりではないでしょう、ともう一回図書館から借りて。

…やっぱり、つまんない!!

好きな人をかばって、偽装工作・身代わりって話なんて、2時間ドラマ、刑事ドラマでも見飽きるほどでしょ。
いったいこの本の何が?と思ってたわけですよ。

ガリレオ=湯川学も出てくるけれど、物理でしか解明できないような偽装工作?


そうしたら…真相・トリックがわかって…

あ〜〜〜、涙(。>0<。)
なるほど、これが愛なのね…と。


偽装工作・死体遺棄・身代わり…出来るかもしれない。
でも、このトリックは出来ない…私。


石神が、靖子(というより花岡親子)を思う気持ち。
湯川が、石神を思う気持ち。


読んでる途中から、ドラマが始まったので、すっかり湯川学=福山が植えついてしまった私。
ドラマ感覚で、本が読めました(^o^)


容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 75
おすすめ度の平均: 4.0
5 最後の種明かしは衝撃的
1 急転直下の結末に、最後まで疑問は晴れず・・・
5 犯行動機が「献身」ということ
3 うわっ、やられた!
3 火曜サスペンス劇場+α
posted by 北海道人美和 at 23:24| Comment(0) | 作家別 は行>東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

図書館内乱 有川浩

相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!
山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。
迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!?
どう打って出る行政戦隊図書レンジャー!
いろんな意味でやきもき度絶好調の『図書館戦争』シリーズ第2弾、ここに推参!
図書館の明日はどっちだ!?

6月の感想。

ど・どうしよう…。もだえ死にしそう。
やべえ、まじやべえ。ニヤニヤ笑いがとまらない…。

「両親攪乱作戦」
前作でも触れられていた噂の両親、ついに図書館に参上。
即効堂上に助けを求めに行けば、そりゃ色々気付くって父親は(^o^)

堂上に話したことは、先制ジャブ?!そして託して?!

しかし、父親は何で変わったのだ?
そのあたり、知りたいなー。


「恋の障害」
小牧です。クール&正論男です。
その小牧が…小牧が…査問会=精神的拷問へ。

新しい登場人物 中澤毬江ちゃん。
小牧より10歳年下で、今高3。
(でも1年休んでるんだから、本当なら大学1年生よねー?)
…全然平気じゃないですか!!!(^o^)

毬江ちゃんの失恋話に、きゅんきゅんと。
いや、少女マンガで見たことあるような感じもあるけど…。

15歳(中三)で、難聴に。
(突発性難聴って、新体操の…?!)

小牧の対応が、すごいですね。
文脈を読むに、この頃は好きではなかったのよね?!
それで、これ?

そりゃ、彼女も別れるって。
近所の女の子に対するものと、レベル違うでしょう!
<結婚しても>なんて言った所を見ると、年齢もあるし、それなりの関係だったんだろうけど、私も無理だなー。
嫉妬する自分が哀れで…。
そして、もし、こういう事態にならなかったとしても、いつも疑ってなくちゃいけなくて…。

やっぱり、近くにいて感じていた彼女の呪文というか、断言は恐ろしく当たるのだわ。

怪我の功名、査問会でわかった、最高の本音。
もだえるわ〜〜。
「毬江に対してだけ正義の味方でいられたら、それ以外のことはどうだっていいのだ」
「もう子供に見えないから困ってるよ」

ニヤ


「美女の微笑み」
今度は、柴崎かよ!!
覗きに来た郁の「てへっ」が、見たいなー(^o^)
アニメで、やってるだろうか…。

前作図書館戦争にもでた少年犯罪が、また。
世間に公表されることのない供述調書が、雑誌に全文公開。
(玄田と折口の関係って、素敵!結婚してると、こうは動けないのよねー)

そして、郁がのらくろになります(^o^)
無事な顔を見て怒ってしまう機微は、まだ郁にはわからないと柴崎。
私、わかりますぅ〜〜。
うどちゃんの、CMみたいな感じでしょう?

柴崎の過去や、性格のわけも知って…。

………いやにあっさり終わったなと。

ラストのメール。
朝比奈?とも思ったけど、少しの違和感が。
でも、まさか、このメールが、誰からで、どんなだったか、後でずっしりくるんだよね。
真相を知ってから、この後読み直しました、私。


「兄と弟」
小牧×毬江の、その後(^o^)
この作者、書きっぱなしじゃないのが、非常にありがたい!

親同士も仲良くて、小さい頃からの知り合いで…なかなかに苦労があるのですね。
信頼は重いねぇ〜。
って思いっきり、にやけてます(^o^)
&へぇ〜〜〜、けっこう努力していろいろ抑えてるんだ〜〜〜(^o^)

で、毬江が見つけた「図書館員の一刀両断レビュー」コンテンツ問題。
堂上や郁が、言いたい事全部言ってくれたので、置いといて。

なんですか、この、小牧&堂上の、純情男子会話は!
彼女が絡んでるから、自分の視点が公正かどうか自信がない、盲目小牧の
「こっちのお姫様は繊細だからね」から続く、とんでもない二の矢。

「自分のほうしか覚えてなかったからって拗ねるのも大人気ないよ、王子様」
!!!そうだったの?
に対しての動揺っぷりが、小牧が素で豆鉄砲食らったようになるほどの失言
「好きなのは脳内にしか存在してない五年前の三正であって俺じゃない!」

………かわいそうな顔しちゃったかー、小牧(^o^)
私も聞いたら、そんな顔しちゃうだろうなー。

ってことは、なんだ?
郁が面接に来た時から…なの?
まさか、あの本屋で恋に落ちてた…の?
気になってるから、見てて、ほっとけなくなって…?

語れ!堂上!!!私が、非常に気になるから(^o^)


手塚の兄 慧(さとし)登場!(さとしなんて、読めない…)

問題のコンテンツも、兄の勧誘にしても、またいやにあっさりと都合よく終わったなと。

そして、ラスト近くで朝比奈から知らされた、現代の焚書事件。
柴崎が知らなかった・あんなに動揺したのに、すごーく都合よくあっさりと…。
そして共通点は、砂川??!!


って、爆弾!!!
共謀者が、郁って〜〜!(。>0<。)
郁は「あたしの分、怒ってくれた人がいる」って冷静だけど、読者が冷静じゃありませんから!(。>0<。)


「図書館の明日はどっちだ」
兄と弟の続きなんだけど、それ以外にも、

全てはここにつながったー!!!

すごい、すごいよ、有川浩!おそるべし。
萌え萌え小説だけじゃないんだー。
萌えにもだえてたら、こんな深刻さに…。

私なぞ、心配のあまり、1日読めなかったよ。
こんなんでへこんでたら、先がおもいやられるなー。

しかし、もちろん、こんな深刻な時にも、堂上×郁の(横から見るとラブラブ)会話が。
「今優しくしちゃイヤです…」
って、きゃ〜〜〜〜〜。
(このセリフ。ちょっと変えて、ある場所で言うの想像してアレンジして、場所とちょっと)


小牧の「何、このベタ甘の会話は」
玄田の「別に俺たちがいるからって、わざわざいがみ合わんでいいぞ」
って。
そりゃそうだ。
ってみんな、そんな認識なのね(^o^)


最初はね、査問会でうまいこと因縁つけたい所の新人の名前が出てきたと。
手塚は家庭環境もあるから(兄・弟)、触れないことにして、郁を狙ったんだなと。
+郁を条件にして、手塚を取り込もうと。
良い作戦だもんね。損はない。

手塚が気付いたように、最初からでも、驚かない。

それ見たことかで、郁への接触!
で、真相と提案
 王子〜〜〜(。>0<。)
 制服姿の王子が、見たいです(。>0<。)
「俺が迎えに来たかったのは俺の勝手だ」
「お前、今いろいろきついから心配して当たり前だろう。俺はお前の上官なんだから」
はい、男性の皆さん、アレンジして使いましょう(^o^)
女性はかなり、キマスので。(くるよね…?)

そしてまた、あっさり引き下がったなと思ったら
手塚兄が

王子様、暴露

イヤミな男めっ!ケッ!!!

いや、読者もう知ってるから、郁の驚きには(^o^) なんだけど。


そして、あれれぇ〜。
まだページが残ってるよなーと思ってたら…思いがけない人物、朝比奈と柴崎が出てきて、その会話に!!!

あの不自然な態度のメールが…ここでくるとは…。
正直、言葉もないのです。
内容も内容で…。全てここで種明かし…。
男子寮へ乗り込んできて、「笠原をどうしてくれるんですか!」と叫んだ柴崎の気持ちが、ここを読むと…。

柴崎も言った通り、手塚兄たちは、弱いところをついたようで、逆鱗に…じゃない?
こりゃあもう、入会無理なような。
そもそも正統派で行けば、よかったものを…。

そして…郁。
明日から、どうするんでしょうかね〜?
ごまかせるような、器用な性格でもないし…。
不自然な態度で、あっという間にばれるだろうな〜(^o^)
ってか、気づいたことがわかった後の堂上も気になるわー…。

ニマッ

図書館戦争より、脇役一人一人の人間関係が深く描かれているので、

あの人が、あの事が、ここで!!
この後の話の膨らみ、どうする?!


なんか思いっきり、買い漁りの予感(^o^)

(…なんて(^o^) 。動画はyoutubeにあるし、原作本→アニメと入ったので、コミックの絵にははまれない…から、買い漁るのも限りがある)


図書館内乱
図書館内乱
posted with amazlet at 08.11.24
有川 浩
メディアワークス
売り上げランキング: 3230
おすすめ度の平均: 4.5
5 不覚でした
5 民間人には理解できないでしょうね
5 より登場人物によりそった作品
3 笑う正論にもスポットがあたってます。
5 文句なしに面白い
posted by 北海道人美和 at 22:02| Comment(0) | 作家別 あ行>有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

最終審判の日 グレン・クライアー

1999年のクリスマス、イスラエルに流星が降り、軍の秘密のバイオテクノロジー研究所が一瞬で破壊される。
さらに2000年が到来した瞬間には、聖地エルサレムが大地震に見舞われる。
そうした混乱のなかから、不思議な能力を持つ一人の美しい娘ジーザが現れ、次々と奇跡を起こしていく。
人々は彼女こそ救世主だと讃えるが、一方で、彼女は破壊された研究所の実験体ではないかという疑念が浮かび上がる。
果たしてジーザは神の遣わした真の救世主なのか?それともバイオテクノロジーの怪物なのか。
黙示録的サイエンス・ミステリー。

2000年3月の感想。

とにかく面白い本でした。
宗教に対して???と思っている人は、絶対読むべき。かなりすっとします。
でもそりゃあ宗教信じている人にとっちゃあ、爆弾発言連発なんだろうな。

しかし、よく時の権力者によって、都合よく捻じ曲げられてるものを信じられるよなー。

奇跡を見るまでもなく、言っていることだけみたら、私はこの女の人が狂人だろうと何だろうと信じるな。
お金はかからない、何も強制されない。
いいじゃん。

狂信者はかわいそうよねー、目が曇ってて。

しかし結局最後何も変わってないような気がしたけど…。
変わったの?

そしてこの本の中で一番滑稽だったのが、教皇。
あれだけ女性が真の救世主か人を惑わすリリスかで悩んでおきながら、世紀の変わり目すらわからないとは。


最終審判の日
最終審判の日
posted with amazlet at 08.11.24
グレン クライアー
徳間書店
売り上げランキング: 202901
posted by 北海道人美和 at 00:15| Comment(0) | 作家別 か行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

魔王のささやき 女検死官ジェシカ・コラン ロバート・ウォーカー

法医学の学会に出席するためラスベガスにやってきたジェシカ・コランは、ホテルの部屋で一本の電話を受ける。
若い女の声で、裸にされ縛られて、これから殺されるという。
続いて起こる悲鳴と苦悶の声、そして背後の笑い声…。
これこそ生きながら犠牲者の肉体を焼き尽くす残虐犯による連続殺人事件の始まりだった!
殺す前に犠牲者の声をジェシカに聞かせようとする犯人は捜査陣を翻弄、そして最終の標的はジェシカその人らしい。
女検死官と“炎熱妖怪”との死闘を描く、シリーズ第六弾。


かなり前から手に入れてはいたんだけど、出版順に読みたいので、読むのを我慢していました。

しかーし、前作「洋上の殺意」が、どうしても手に入らない。
もう、我慢できない。読んじゃった。

前作との話の繋がりはなかったので、良かったです。

それにしても、前作から、恋人との旅行を過ごした後の直後の事件なのよね。
相変わらず、忙しいこと。
っていうか、恋人がまだ同じだったことに、ちょっとびっくりしたりして(^o^)

頭のおかしい殺人鬼の、勝手な考えだけれども、自分の存在のせいで、殺人が起こる。
おまけに死ぬ瞬間の声を聞かされる。
焼死体から、新発見はなし。
という事で、最初は面白くないんだよー。
コランが落ち込んでて、良い男に心配されて。犯人は全然わからず。
それだけ。

最後のほうになって、やっと、犯人の正体がわかってきて。
(こういう、色々な方法を駆使して見つけ出す所が、好き)
いつものように、最後はコランと対決。

いつもなら、コランが人間離れした(小説の中で、必ず不死身の主人公)活躍を見せるんだけど、今回は犯人が人間離れ。
熱湯に落ちて、骨だらけになっても襲い掛かってきます。

そして、最後の攻撃。
これが、非常に後味悪し。
親切な通りがかりの人間が、いくら自業自得とはいえ、犠牲になっちゃいました。

後味悪いといえば、もう1つ。
言い寄っているように見えた、友人のFBI捜査官。
何だか気の毒な結末に。
仕事はともかく、体がねー。気がかりです。

原題 Extreme Instinct

あと、気になった事と言えば、表紙に違いが。
確かいつも、アメリカ版のほうは、原色で直接的。
例えば今回は、火の中に人がいる。
日本版は、暗い色を使って、火がついているバーベキューグリルの写真。
日本版の方が、小説って感じだなー。
アメリカ版は、安っぽい。

魔王のささやき―女検死官ジェシカ・コラン (扶桑社ミステリー)
ロバート ウォーカー
扶桑社
売り上げランキング: 127984
おすすめ度の平均: 4.0
4 ジェシカ苦難
タグ:検死官
posted by 北海道人美和 at 23:59| Comment(0) | 作家別 ら行>ロバート・W・ウォーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談 高里椎奈

自由を求める座敷童子と、目的の見えない殺意のドミノ。
真冬の雪浜家。屋敷内の不穏な空気に、依頼を受けて訪れた、深山木秋、座木(くらき)、リベザルが見たものは?涸井戸の出火が口火となり、雪浜家の人間に次々と襲いかかる殺意。しかし秋には、殺意の目的が見えてこない。村人が信じる“座敷童子伝説”は、フェイクなのか?手がかりか?心を震わす、シリーズ第6弾!


01年3月の感想

総和さんの友人の旧家で起こる連続殺人。犯人は家族の中に。

6作目を間すっ飛ばして見る私って…。

話は一話完結だからいいけど、人間関係が日に日にわからなくなってゆく。
御兄弟や高遠・しばの警察関係は前作からなのー。わからん。
これだけ続くということは、このシリーズ人気あるのねー、良かった。

話じたいは、おどろおどろしいっす。
それなりに幸せな家庭に異物二つが入って、ひび割れて、そして…。

幼い兄弟・そしてこてつー。これはかわいそうでした。

ただすべてが終わって、よーく考えてみると、あのばかおやじ(弟ね)が、すべての元凶だー。

しかし犯人は薄々わかっていたとはいえ、真相はやっぱりすごかった。
子供は天使じゃあなーい。

そして直也。まさかからんでくるとは…。

それにしても総和さん、かわいそー。友人がいなくなっちゃった。

しかしかのこ、どうやって生きていくつもりだったの?


白兎が歌った蜃気楼―薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)
↑私が読んだのは、こっち

白兎が歌った蜃気楼(薬屋探偵妖綺談) (講談社文庫 た 95-6)
posted by 北海道人美和 at 22:56| Comment(0) | 作家別 た行>高里椎奈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

犯人に告ぐ 雫井脩介

神奈川県警の巻島警視は、少年誘拐事件の捜査で失態を犯し、左遷させられるが、6年後の連続少年殺害事件を指揮するために県警に呼び戻される。TVのニュースショーに出演した彼は犯人を挑発するような言動を放ち、マスコミの注目も浴びてしまう。犯人が世間やマスコミを観客のように操る「劇場型犯罪」とも違う、「劇場型捜査」の展開が斬新な、雫井脩介のベストセラー


今日、映画が放送されましたが…。
08年1月14日の感想

偽貌を読んでいた私。
この作家さんの本は、もう読むことはないだろうなーと思っていました。

でも、昨年末あたりから、新聞にちょくちょく魅力的なキャッチコピーが。
(映画化されたから?)
読者が選ぶミステリーナンバー1…とか。

読まずにいられるか!

しかし、図書館はずっと貸し出し中。


やっと読めた…。


読まなくても、全然OK!
っていうか、時間損したわ、私。

(以下ネタバレありなので、注意)

・きょぼうと同じで、犯人がわからなくてすっきりしない。
今回は、今の犯罪の犯人はわかったけど、以前の犯人「ワシ」がわからなかったのは…。
動機ももちろん、逃げられた方法とか書かれてなかったら、どんな不可能な事でもできちゃうじゃん。
そんなのミステリーじゃなくて、ファンタジーだよ!!

・テレビを使った劇場型捜査というけれど、今のワイドショー(退職した刑事が出演)と、そんなに違いが感じられない。
もっと犯人と警察がテレビを介して接点があるのかと思ったら、警察が一方的に話して、手紙来るだけ…。


どっちらけました。
警察にも・被害者にも・加害者にも、何の感情もわけず、何のトリックも策もなく(警察内部ではあったけど、女に良い所見せたいだけの若おやじが引っかかってもざまあ見ろ)

本当に、ミステリーナンバー1?


というわけで、映画は?と思って見たんだけど…。
ま、感想変わらず…(^o^)

犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)
雫井 脩介
双葉社
売り上げランキング: 298
おすすめ度の平均: 4.5
4 劇場型捜査は拍子抜け?
5 おもしろかったです。
2 上巻だけ読んだ感想
4 この後、話が動き出す?
5 待望の文庫化


犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫 し 29-2)
雫井 脩介
双葉社
売り上げランキング: 284
おすすめ度の平均: 4.0
1 どこがおもしろい?
4 読みやすかったです
4 私に告ぐ
3 うむむむ。
3 話の主は?


犯人に告ぐ
犯人に告ぐ
posted with amazlet at 08.11.17
ポニーキャニオン (2008-03-21)
売り上げランキング: 1050
おすすめ度の平均: 3.5
4 原作が読みたい
4 面白い!
3 豊川悦司さんの魅力を楽しめる映画でした。
3 私が期待するサスペンスではなかった
4 映画として評してみれば合格点以上だと思う
posted by 北海道人美和 at 00:44| Comment(0) | 作家別 さ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。