2008年06月13日

図書館戦争 有川浩

公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!
笠原郁、熱血バカ。
堂上篤、怒れるチビ。
小牧幹久、笑う正論。
手塚光、頑な少年。
柴崎麻子、情報屋。
玄田竜介、喧嘩屋中年。
この六名が戦う『図書館戦争』、近日開戦!


まじ、おもしろいんですけど、これ!
まじめなところ、ふざけてるところ、絶妙!
登場人物の、おかげだよねー。

どんな理由であれ、上司である堂上にどうどうとつっかかる・つっこむ郁が、うらやましかったりもしたり。
ってか、王子様、堂上じゃないんすか?

一応(?)主人公郁は女。
周りほとんど男。
ということで、ラブの要素もありそうだけど、この展開でいくと、相手は小牧でも手塚でもない…?

そして、読書好きとして、わなわなと震えるのが、舞台の世界。
本を焼く為に人を殺すって、どんな世界よ!!
何とか冷静に読めるのは、図書隊の活躍のおかげ!!
今も、この本の中でも、図書館よ、ありがとう!!!
大好き♪

本に対する愛情も、そこかしこに。
確かに、本を大事にしていない人の本の扱い方って、見ててイライラ。

架空の世界でも、現実にもある不愉快な事態が多々。

異常犯罪者が、特定のジャンルの本を読んだり、ゲームをしていると、必ずおこる、それが原因だ・誘発したとの大騒ぎ。
郁と同室の友人柴崎が、私の気持ちを代弁してくれました。
「メディアが犯罪を助長するなら、男は総性犯罪者予備軍で、まっ先に女性に銃の携行許可が下りるべき」
「ホラーで殺人犯が増えるなら、13日の金曜日は東京都下、ジェイソンそぞろ歩き状態に。」

その通り(^o^)

元凶の、政治的無関心から通ったメディア良化法。
現代でも、通るんじゃない?


ちなみに、アニメが今放送されています!!!
私は、原作を読んでから見たいので、今ストップ中(^o^)
だってー、この続きがずっと貸し出し中なんだもん〜〜。(。>0<。)

アニメでは、王子様の登場シーン、上手かった!(^o^)
だって、アニメだから、絶対声でばれちゃうもんね。
工夫がうかがえるわ。
でも、絶対堂上でしょう?(^o^)

そして、アニメの堂上、格好良すぎです!!!(^o^)
あんなイケメンに、つっかかる気持ちがわかりません。
ってか、ほれるぜ。
いや、ほれたぜ!(^o^)

ひとこと
作者、女性なんですね!!
ひろし=男性と思ってました。
ひろ=女性だったんですねー。


図書館戦争
図書館戦争
posted with amazlet at 08.06.13
有川 浩
メディアワークス
売り上げランキング: 713
おすすめ度の平均: 4.0
5 図書館を舞台にするなんてずるいっ!
1 薄くて軽いライトノベル
4 キャラ読みがオススメ
5 山猿ヒロイン図書館を駆ける!
1 安い話だった。


図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻
角川エンタテインメント (2008-08-06)
売り上げランキング: 109
おすすめ度の平均: 4.0
5 ハマりました♪
3 個人的に
4 わからないところは原作で補完を
3 アンバランスな世界観をなんとしよう。
1 評判倒れ
posted by 北海道人美和 at 00:27| Comment(0) | 作家別 あ行>有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。