2013年02月28日

デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 エミリー・ロッダ

ここはデルトラ王国。
王家に伝わる7つの宝石が、国を守っている。
その宝石が、影の大王にうばわれた!
デルトラを救うため1枚の地図をたよりに、少年が冒険の旅に出る…。


装丁がギンギラギンで、すごく安っぽく感じる。
絵は内容を読んだら、なるほどだったけど。
(でも、次回作以降の登場魔物もわかっちゃった)

最初に出てきたエンドン王子と親友で家臣のジャード。
きっと誰もが冒険に行くのは、この二人だと思ったろうさ。
それが、エー!って感じです。

冒険に行くのは少年なのに、あっという間に結婚?子供?
そんなに厚い本でもないのに、1巻だけで16年経過。
そして対決があっけないー。20ページくらい?
ま、次作からは対決がメインになるんだろうけど。

しかしエンドン王子、頼りなさすぎ。
その反対に、出番はちょっとのシャーン王妃。才女すぎです。

それにしても、ちょっと疑問。
王家の血を引くものが、宝石を捜しにいかなくていいのか?
王子は、待ってるだけかよ。
もしかして…入れ替わった?
でもそれだと、道連れのバルダとの話が違ってくるしなー。うーん。

あ、あと宝石が影の大王に奪われたとあるんだけど、正確には隠されたじゃあないのかなー。
奪われたって言うのとは違うような。

2003/06/05の感想です。


posted by 北海道人美和 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 あ行>エミリー・ロッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。