2007年02月19日

「ダレン・シャン2 若きバンパイア」ダレン・シャン

ダレン・シャン 2
ダレン・シャン 2
posted with amazlet on 07.02.18
ダレン・シャン 田口 智子 橋本 恵
小学館
売り上げランキング: 34217
おすすめ度の平均: 4.5
5 前作に続き
4 ある日、いままで遊んでいた人間が


主人公のダレン少年は、親友の命を救うため、半バンパイアになって旅に出た。そして謎の人物ミスター・タイニーや新しい友だちとめぐりあうのだが…。ハラハラドキドキの大ファンタジー。

2003/05/08 完読

半分バンパイアになったダレン。友達もいなくて寂しくて…。

うーん、どうなんだろう。
もう私は子供じゃないからなのか、どうも主人公のダレンに共感できない。自分勝手にしか思えないのだよ。
どちらかというと、クレプスリーの方に同情してしまうような。
子供慣れしていないと言うか、人付き合いが得意でないと言うか。
人付き合いがうまく出来ない人が、子供と付き合ってなきゃいけないなんて、はー。
自分も人付き合い苦手なので、ちょっと態度や口ぶりとかでそう感じるわ。

ただダレンに友達が出来てよかったなーと。
ま、クレプスリーも楽になるだろうし…。
って私はすっかりクレプスリー目線。

しっかしダレンが、誰の血を結局飲むのかと言う事は、多分ほとんどの人が推理して当たった?
悲劇ではあるけれど、何かこれもダレンが招いた種のような。

結局この本の中で一番悪いのはR・V?
ま、私としても嫌いなタイプでどうなっていようと構わないんだけど、今後の話に関わってくるのだろうか?何か関わってきそうな予感。
前作のスティーブと同じで、思い込み激しいから…。
ダレンの天敵になりそうだわ。

天敵の反対と言えば、味方。
最後のリトル・ピープルの行動には、若干感動したんだけど、今後どうなるんだろうー。

あと、サム…の場面でウルウルしました。悲しー。

あ、それと絵が綺麗。特に猫とかうさぎ、かわいすぎー。
posted by 北海道人美和 at 00:01| Comment(0) | 作家別 た行>ダレン・シャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。