2013年03月06日

肩胛骨は翼のなごり デイヴィット・アーモンド

カーネギー賞、ウィットブレッド賞受賞
古びたガレージの茶箱の陰に、僕は不可思議な生き物をみつけた。
青蠅の死骸にまみれた彼は誰……それとも、なに?
ありふれた日常が幻想的な翳りをおびる瞬間、驚きと感動が胸をひたす。
英国児童文学の新しい傑作!


表紙が不気味ですねー。
なんだか幼児虐待を連想しちゃうなー。
原題は「スケリグ」みたいだけど、内容に合った素敵な邦題だよね。

本当は星は一つにしようと思ったんだけど、ハッピーエンドだし、良い話だから2つにしときますわ。


2003/06/08の感想です。


posted by 北海道人美和 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 た行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343207864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。