2013年03月14日

デルトラ・クエスト 8 帰還 エミリー・ロッダ

ついに7つの宝石がそろった。
しかしデルトラのベルトは、国王の子が身につけなければ力をもたない。
王の子をさがして最後の賭けに出るリーフたち。
せまりくる影の大王の魔手。いま、真実が明らかになる…。


揃ったベルトなんだけど、普通揃った瞬間に王の子がわかると予想するじゃない。
全然反応なしなんだ、これが。

そして予想した結果の、王の子判明には「えー!」ですよ。
確かにボンボンじゃないけどさ−。
やっぱり「旅してないで、ベルトだけ受け取っていいのかよー」と。

でも、ここからが怒涛の展開で。
スパイの正体は!!!

そして何よりもやられたっ!と思ったのは、ジョーカーとジャスミンの正体よ。
ジョーカーの正体に「はぁー?!」そしてジャスミンには「むー」

確かにね、確かに王の世継ぎって男ってわけじゃあないのよね。
今までに、男なんて書いてないもんね。
やられたねー、これは。

やっぱり冒険ものの王の世継ぎって言ったら王子なのよねー、頭の中は。
あー、これからは笑えんよ、男尊女卑を。

そして、デルトラの書に記されていた宝石の秘密。
これ、気づいてた人いるのかなー?
私はハッとしましたよー。

そして、本当の王の世継ぎの出現。
これはねー、にんまり。
やっぱりねーって感じです。
当たってたじゃん、私。
バルダの話で、確信はもててなかったけどねー。

今までは星3つだったけど、最終巻は展開の速さと爽快なラストで
(甘いけど)星4つー。


2003/07/01の感想です。


posted by 北海道人美和 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 あ行>エミリー・ロッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347091215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。