2007年06月20日

メディエータ 3 サヨナラ、愛しい幽霊  メグ・キャボット

メディエータ〈3〉サヨナラ、愛しい幽霊
メグ キャボット Meg Cabot 代田 亜香子
理論社 (2006/02)
売り上げランキング: 18276
おすすめ度の平均: 4.5
4 なかなか面白い!!!
5 スーズがウラヤマシイよ(≧Å≦)
5 Querida...


迷える霊の味方、高校生霊能者スザンナ。恋した相手は150年前に死んだゴースト。ところが、もうひとりの霊能者ポールの邪悪な横やりが…話題の“ホラー&ラブ”シリーズいよいよクライマックス!ゴーストとの恋の行方は。

ちょっとおー!予想通り、ハッピーエンドです(^o^)
一点の曇りもない、ハッピーエンドです(^o^)

恋愛ものは読まない私ですが、あ〜、心ハレバレ・ウキウキ・ホンワカ。
ジェシーとスーズは、お互い人間としてラブラブだし。
ゴーストから人間になったのも、スーズが過去でジェシーを殺さないことにしちゃうのも、無理がなくて、好感。


ただ1つ疑問。
ディエゴが過去で死んじゃったんだから、マリアとディエゴは夫婦になれない=子供は生まれない。
これって未来(現在)に、影響小さいとはいえないと思うんだけど。

そして、元ゴースト、ジェシーの未来。
神父が味方とは心強いよね。
じゃなきゃこの時代、まともに生きていく事なんてできやしない。
それにしても、将来は医者ですか。
顔良し・頭良しで、スーズ幸せ!と思ったけど、そんなに簡単そうでもないなーと。
だって150年前の教育って、今と違うんじゃ?

…と思ったけど、よく考えると、意識が戻って「ケリーダ」と呼んだと言う事は、ゴースト時の記憶も残っていると言うことよね。
ということは、歴史・知識、全部あるんだ?!

じゃあ、全然大丈夫じゃん!


そして、ポール。
ケリーとの、金持ちのバカップルって嫌だなー。
ずっとスーズに片思いしてればいいのに!(^o^)


いやー、しっかしー。
ジェシーは素敵だ!!スーズがうらやましい!
posted by 北海道人美和 at 00:03| Comment(0) | 作家別 ま行>メグ・キャボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

「メディエータ 2 キスしたら、霊界?」メグ・キャボット

メディエータ〈2〉キスしたら、霊界?
メグ キャボット Meg Cabot 代田 亜香子
理論社 (2005/06)
売り上げランキング: 83283
おすすめ度の平均: 5.0
5 最高☆
5 またまたポール登場!!
5 またまたポール登場!!


150年前に死んだ超美形ゴースト・ジェシーに恋する女子高生霊能力者スザンナ。ジェシーの本心がわからず悩み、ヴィジュアル系のポールに強引に迫られ…。アメリカで人気の「ホラー&ラブ」シリーズ第2弾。

やっぱり、面白かったー。
3を早く読まないと。

1巻のラストが、幽霊とのキス。
どうなるんだ?2はラブラブか?と思ったら、全然進展していないどころか、余計によそよそしいし…。

おまけに、あのイケメンポールが迫ってくるし…。
見事な三角関係です。

この辺りは、幽霊相手とはいえ、いじらしくなっちゃいます。
そりゃあねー、幽霊と生身の男じゃあねー。
ドキドキする場面が、たくさんです。

そして、ポールはなぜにスーズにこだわるのだ?
絶対、何かたくらみがありそう。

私は、ポールのおじいちゃんが出て来た時に、ポールの中身はポールのおじいちゃんなんじゃ?と思ったのよね。
あれ、最後におじいちゃん出てきちゃったし(^o^)

そして、三角関係を決定付けるアイテム。
ジミー・チュウのミュール。
これがからんでいる場面が、むちゃむちゃ、キュンキュンします!

ジミー・チュウなんてブランドあるの?と思って検索したら

ある!!

たぶん、これだよねー。JIMMY CHOO
 
ラベル:読書
posted by 北海道人美和 at 22:12| Comment(0) | 作家別 ま行>メグ・キャボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

「メディエータ ゴースト、好きになっちゃった」メグ・キャボット

ゴースト、好きになっちゃった
メグ・キャボット 代田 亜香子 Meg Cabot
理論社 (2005/04)
売り上げランキング: 143807
おすすめ度の平均: 4.5
3 勢いがあっていいv
4 これからど━なるの??
5 もう面白すぎ!


小さいころから幽霊が見える。見えるだけじゃなく、さわることも会話もできる。おかげで、死んだパパに会えたのはうれしかったけど、それなりに苦労の多い16年だった。あるとき、“メディエータ”としての自分の役割を知った・死んだ人のこの世での心残りをまっとうしてあげる、それがメディエータの仕事だ。ゴーストのなかには、性格悪いのもいて、取っ組み合いでころされかかることもある。でも、ケガなんてたいしたことじゃない。今こまってるのは、ある人を好きになっちゃったってこと。150年前に死んだ人を…。アメリカの女の子たちが、いちばん読んでるガールズ・エンタテインメント。高校生霊能者スザンナのホラー&ラブシリーズ。

久しぶりに、今読み終わった本の感想(^o^)

面白いですよ。
特にラストの出来事に、私は今早く続きが読みたくてたまらない…。
「言葉は必要ない」
………
キャー!!!
ですから(^o^)
見てない人には、何のことやら?ですけどね。

作者は「プリンセス・ダイアリー」で有名だそうです。
…私は読んでません。

幽霊に恋する主人公です。
(映画「キャスパー」が思い浮かぶ)
相手が幽霊でも、好きな人に対する言動は、全世界共通。
かわいらしいです。

好きな人を殺した婚約者との対決で、大変なことに。
バイトをしているホテルに滞在中の、お金持ち兄弟も絡んできちゃって…。

幽霊ジェシーがなぜまだこの世にいるか、恋の行方は?ということで、楽しみ!楽しみ!
posted by 北海道人美和 at 18:54| Comment(0) | 作家別 ま行>メグ・キャボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。