2009年09月03日

水妖日にご用心 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

南アジア某国の王子様が来日した。
ハンサムでスポーツマン、資産はじつに三兆ドル。日本中の女性が大さわぎする中、マンガしか読まない外務大臣の頼みで、巨大テーマパークの貸し切り権を王子に譲った薬師寺涼子警視。そこで惨劇は起こった。
人気キャラクター半魚姫に扮した美女に王子様がおそわれたのだ。
テロリストの動機は王位をめぐる暗闘か、膨大な地下資源にからむ争いか、それとも復讐か?
雷鳴とどろき、豪雨が東京を水没させる中、警視庁の破壊美神・涼子が忠臣・泉田準一郎を従えて暗殺者を追う。長編新伝奇小説、書下ろし。

なんか、ものたりなーい。
薄い分、字が小さいので、いつもより短い話という訳ではないんだろうけど…。

レアメタル資源国の王子がテーマパークに遊びに来て、暗殺されて…。

そのテーマパークが、
白雲姫にシソデレラで、ザナドゥーランドって…。
    (しそでれら)
日本にもある、某テーマパーク…(^o^)

※本には関係ないけれど、ソとンとシをきちんと書けない人って結構いますよね。
失礼な言い方だけど、私は、箸の使い方悪い人と、かたかなのソシンがごちゃ混ぜの人、+本を読まない人って…



某テーマパークと、ほぼ同じような歴史があるザナドゥーランド。
まっ、私は、全然何とも思っていないテーマパークなので、おかしい限りです。

(基本、私のネズミキャラクターの1番は、トムとジェリーのジェリー。番外編でドラえもん。○ッキーは、興味なし)


ちなみに、そのレアメタルの国。
国王一家が、家族に銃で皆殺しにされるという…。
あったよねー、数年前に。ニュースで見た覚えが。


で、それも絡んできちゃうんです。
ただの親戚によるクーデターだけじゃなくて、家族の体の秘密も関係してたんだな…。
それが水妖になるわけですね〜(^o^)

今回珍しく、犯人が…。
いっつもは、死んじゃうのに。

シリーズ中で、また登場…する…のか?


2009年2月16日の感想です。

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)
田中 芳樹
祥伝社
売り上げランキング: 137814
おすすめ度の平均: 2.5
1 軽快さと爽快さがこの作品の命だと思います
2 楽しんで書いているんだろうけど。
5 相変わらずサービス精神満点
1 後手に回るお涼様なんて・・
1 このままでは…
タグ:テロ
posted by 北海道人美和 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 た行>田中芳樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

黒蜘蛛島 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

カナダ・バンクーバーで日本人男女の変死体が発見された。
とある理由で捜査をかってでたのが、魔女王・薬師寺涼子。
泉田準一郎警部補とともにバンクーバーに乗り込んだ涼子は、捜査に非協力な総領事にお仕置きを実行し…。

2003年10月発行の本で、どうやら2巻目だけど…。
もう1とか2とか、書いてくれよ〜。
読んだか読んでないか、わからないよー。

タイトルの通り、クモ、クモ、蜘蛛…(。>0<。)

泉田警部補は、にぶいなぁー(^o^)
お涼も、不器用だなー(^o^)

バンクーバーが、舞台!
すっごい素敵な描写ばっかりで…
バトルに、会いに行きたーい!!(^o^)


表紙裏に、作者自らの、今作のあらすじが載ってるんだけど
全然違う…(^o^) 遊び心?
今までこんなこと、あったっけ?

とりあえず悪者は…
今後再開できることはないはずだけど、この後始末…。
押し付けられるカナダ…(。>0<。)


2008年10月3日の感想です。

黒蜘蛛島 (カッパ・ノベルス―薬師寺涼子の怪奇事件簿)
田中 芳樹
光文社
売り上げランキング: 267208
おすすめ度の平均: 4.0
3 涼子が格好いい
3 それなり、だけど
4 最強の美女
4 相も変わらず…
5 田中芳樹先生は美女がお好き
posted by 北海道人美和 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 た行>田中芳樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。