2009年09月01日

ラストワンマイル 楡周平

俺たちの仕事をクリック一つで奪うなんて、絶対に許さない!
民営化された郵政にコンビニでの宅配便扱いを奪われた暁星運輸の営業課長・横沢。
新規契約獲得に奔走するさなか、ネット市場を席巻するIT企業「蚤の市」から要求されたのは、あり得ない額の値引きだった。
創業時からの取引先を容赦なく切り捨てるは自らの進退を賭けた「戦争」を仕掛ける。
勝つのはどっちだ?!明日の日本を予見する経済小説。

イヤイヤ、久しぶりにドキドキ・ワクワク。
これね、まんま、楽×と××テレビなんですけど…(^o^)

もうね、途中から、「頑張れ!運送業!」ですよ。
IT企業を見返してやれ!と。

もう、まさしく、「素晴らしい作戦!」の一言で、なぜTBSとクロネコとかが考えなかったのか…と。

そして、たった4人で、こんな大きなプランを考えられるんですよ。
(成功したら、ものすごい利益だよね?!還元は?)
サラリーマン、営業バンザイ!!(^o^)

楽天はポイントがあったりするので、私自身結構使っているけど、あんまり好きじゃあないので、ラストざまあみろ!って感じです(^o^)

やっぱりおごりがあったんでしょうかねー?
出店料無料のネットモール作戦が発覚しても、部下に指摘されるまで見抜けずだったしね。

ラストワンマイル
商流の最後の部分を握る、物流業なくしては、ビジネスは成り立たない。

四季倶楽部、楽しみだなー。
特に主人公横沢の義父の、とうきび、酢ごぼう、りんご食べてぇ〜。


2009年2月11日の感想です。


ラスト ワン マイル
ラスト ワン マイル
posted with amazlet at 09.09.01
楡 周平
新潮社
売り上げランキング: 81542
おすすめ度の平均: 4.0
2 湘南ダディは読みました。
4 痛快娯楽小説
5 物流の仕事への思いが伝わる、熱きビジネス物語・・・
4 題材が身近でイメージしやすい
4 時事ニュースを組み合わせ、ひとつのビジネス小説としてカリカチュア化
posted by 北海道人美和 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 な行>楡周平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

陪審法廷 楡周平

あなたは、この「無償の愛」を裁けるか。
終身刑か。無罪か…決めるのは「明日のあなた」かもしれない。
来たる裁判員制度に警鐘を鳴らす、迫真の法廷サスペンス!
2004年、アメリカ・フロリダ州。養父にレイプされ続けた少女を救うため、殺人を犯した日本人少年。罪状は第一級殺人。繰り広げられる、検察と弁護人の「正義なきディベート」。減刑なしの終身刑か、完全無罪か?少年の未来を決めるのは、12人の「普通のアメリカ人」…主婦、トラックドライバー、教師…市民が市民を裁くとは、どういうことなのか?


陪審法廷
陪審法廷
posted with amazlet on 07.10.11
楡 周平
講談社 (2007/03/30)
売り上げランキング: 23946
おすすめ度の平均: 4.0
5 来る日本の裁判員制度にむけて
4 陪審制度の一側面
3 裁判員制度の広報に掲載すべし。


楡さんの新作にして、帯に「来たる裁判員制度に警鐘を鳴らす、迫真の法廷サスペンス!」
期待が…、期待が…、期待が…、

あれ?!
警鐘を鳴らしてる?どこで?

・人を裁くのは、難しいって事?
・刑にふさわしいかだけで裁くのは難しいって事?
(例えば死刑か?無罪か?だと、どちらかを選ばなければならないという事。無期なら、懲役何年ならいいのに…って選択できず)
・量刑を決められないで、無罪か有罪か…は難しいって事?

なんだか、ちょっとなーでした。

陪審員の難しいところを、日本人(アメリカ人)婦人と夫が議論しているところでは、読者に説明する為なのがバレバレだよと、うんざり。

そして、迫真という法廷は、特に迫真でもなく。
迫真かーーー!!!???

裁判物が好きで、よく読んでいる私には、陪審員選びでのあっさりさも拍子抜けだったし。

う・うーん。

判決については、どちらでもいいかなと。
どちらにしたって、何かしらの割り切れなさが残るはずだから。

ただ、犯人の心情については…。
この子だからでしょ。一生罪を背負っていくとか、親が全財産寄附するとかね。
世の中、そんな人ばかりじゃない。
薬丸岳の1作目のように、家の子が被害者とばかりに、謝罪もせず、反省もせず、生きていく人もいる。


しかし、日本にもありがちな弁護士のテクニック。
確かに、それしかないのもわかるけど、嫌な感じです。
でも、それにも増して嫌なのは、検察側。
日本と違うからなのか、野心満々、手段選ばず、政治的要素絡む。

あくまでもこの本の中でだけれど、私は最終弁論で、わざーとらしく虐待が疑わしいと言った瞬間に決まったね。

無罪。
posted by 北海道人美和 at 00:00| Comment(0) | 作家別 な行>楡周平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

楡周平「マリア・プロジェクト」

マリア・プロジェクト
楡 周平
角川書店 (2004/10)
売り上げランキング: 39,421
おすすめ度の平均: 4.5
4 楡さんの作品て感じ!
5 この著者の作品は


神を冒涜する所業に一人の男が立ち上がった!冒険サスペンス巨編。
妊娠22週目の胎児の卵巣に存在する700万個の卵子。
この生物学上の事実が巨額の金をもたらすプロジェクトを生んだ!
その神を冒涜する所業に一人の男が立ち向かうが……。



2002年3月に読んだ時の感想です。

表紙の妊婦の写真とあらすじでだいたい内容はわかるものだけど、ほんとーにひどいものでした。
私自身は不妊治療に特に抵抗はない。
(でも精子や卵子を金で買うのはちょっと…と思ってるんだけど)
ただこの本で行われていることは、全く協力に同意していない人を使い、金銭目的で行っている。
もー、むかつく。
処女受胎で、血筋のいい東洋人の子どもが欲しいだと。あほー。

おまけについでにと着床させ出産された胎児は、臓器移植用にもれなく使う。
子どもは入れ物じゃあないっつうの。
似た小説はかなり前にも読んでいた。新井素子さんのね。
そのときは老化防止になる脳下垂体採集用の子どもだったけど。

しかしそれにしてもトンドの男の人たちかわいそうなんですけど。
結局家が凄いアホ女しか得してないじゃん。
金持ちなんだから皆に金払えやー、いっぱい。
それくらいしても支障ないだろうし、自分は自分と愛する元恋人・夫の血を受け継ぐ子どもを
手にいれられるんだから大満足でしょうよー。
今回の事をおこした会社にだって、圧力かけられるのでは?
逃げた博士にだって、何とかできるでしょうよ。

…と言うわけで、最初から大財閥のアホ令嬢に頭にきた本なのでした。

そしてスラムに対しても、何かできることはないかなーと考えさせられました。

あ、あとマリオの事もちょっと。
結婚はいいとしても、何も会社やめなくてもー。
お金だって大切よ。特にスラムでは。
posted by 北海道人美和 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 な行>楡周平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

楡周平「ターゲット」

ターゲット
ターゲット
posted with amazlet at 05.07.29
楡 周平
宝島社 (2001/01)
売り上げランキング: 243,395
おすすめ度の平均: 4.5
4 シリーズ中最高かも
5 シリーズものでも内容は衰えず
4 リアリティ。



今読み終えました。
待ちに待ってた悪のヒーロー、朝倉恭介よー。
在日米軍基地にしかけられる、北朝鮮のとんでもないウイルス兵器。
朝倉恭介がCIAの工作員として、北の男を追う。

もんのすごく面白かったです。
さ・す・が。

ちょっとー、また日本が大ピンチですよー(^o^)
だってとんでもないウイルスなんだもの。
もうやめてーって感じです。

原発でのテロ、コンピューターのクラッシュ。
日本がまだあるのが不思議なくらい。
そして気づいた。
無限連鎖もこのターゲットも、日本の首相は同じ。
ターゲットは99年11月発行、無限連鎖は
長期政権やなー。

それにしても、この本を見るとちょっと考えちゃいますね。
北朝鮮は必要悪かー。しみじみ。
そして日本はもう少し危機管理しようよー。

ひとまず、この本を読んで日本で本当にテロが起こらない事を祈ります。
だって、楡さんの本はいつもの事だけど、超リアルなんだもんー。

そして映画化しませんかね、これ。
ま、主役の朝倉恭介役がなー。誰がいいだろう?…………………いないな、こんな完璧な男。
でも映画化したら結構良い線いきそうよ。
本中何度も全裸シーンあったからね(^o^)
ただ女っけがひとっつも…ない。この本でも北朝鮮の工作員でたった1人だもんね。
こんないい男が………………………………ありえねー!!!

完結篇が楽しみだよー。図書館行って借りてこようー!!!
posted by 北海道人美和 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 な行>楡周平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

楡周平「クラッシュ」

クラッシュ
クラッシュ
posted with amazlet at 05.07.26
楡 周平
宝島社 (2000/03)
売り上げランキング: 46,316
おすすめ度の平均: 4.17
3 Cシリーズ?
5 傑作ですね
5 おもしろい



2機のジャンボジェット機が飛行中に操縦不能に。
犯行声明&操縦を取り戻す答えがあるHPには、世界中からアクセスが。
その裏には。

以下ネタばれー。

やっと古本で手に入れた楡さんの本。
朝倉恭介シリーズに関する本は、絶対順番通りに読みたくて
図書館にある最終巻をずっと我慢してたのよー。

コンピューターの世界は進歩が早いよね。
この本は98年発行のものなのに、内容が全然古くない。
それどころか98年よりインターネットが普及している2005年。
この本の恐ろしさは、4・5倍に感じるかも。
だってもし私が98年にこの本を読んでいたら
ダイヤルアップにテレホーダイ。
こんなHPを見に行く暇なし=絶対大丈夫と思ったもの。
ところがADSLの今。長文英語の犯行声明に興味はなくても、
クイズは実際に見てみたいものー、やじうま根性で。

しかしこんな事を始める原因は、よくある浮気とちょっとした誤解に悪意。
そのせいで何人死んだ?これから何人死ぬ?何人の人生を壊した?
とは言いながらも、犯人には少し同情も。
浮気の件はともかく、ネットに自分の裸の写真が流失したら、冷静でいられるわけがないもの。
私は流失写真の経験はないけど、知らない人に勝手に誤解されて中傷されただけで傷ついたし。
たださー、何もここまでしなくてもって。
メールを送ってきたアホには添付ファイル、見てる人だけ用にHP作って感染させるとかさー。
確かにネットの世界には、アホもいるけど、普通の人もいるのよー。忘れんな!
そして生きていて欲しかったです。全てを明らかにして欲しかった。
だって結局あの愛人とプログラマーはおとがめなしよ。それどころか大金手にしてるし。
実際に罪に問うのは難しいかもしれないけれど、今後には良い見本になったのにー。
人の裸を許可なくネットに流すとこうなりますよってね。
日本でも今たくさん流失してるからねー。こんな復讐されないように願うわ。

グレンはいいです。アホな愛人にうつつをぬかしたにしては代償が大きすぎたかもだけど、
ただの妻はともかく、ビジネスパートナーを重視しない人はいずれ痛い目にあっただろうから。

それにしても飛行機は怖いわー。
マイケル・クライトンので少しは知識があったけれど、優秀なパイロットでも色々なことで墜落。
怖いよー。

それにしても犯人の短絡さには疑問が。
まっすぐ飛んでいれば、操縦聞かなくても飛行機は落ちないって思えるなんて。
雨や雷など、気象条件が頭にないというのはおかしいと思うんだけど。

しっかし何でいっつも日本がひどい目にあうかなー。
posted by 北海道人美和 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 な行>楡周平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。