2005年08月13日

クリフ・マクニッシュ「レイチェルと魔導師の誓い」

レイチェルと魔導師の誓い
クリフ・マクニッシュ 金原 瑞人 松山 美保
理論社 (2002/11)
売り上げランキング: 66,737
おすすめ度の平均: 4.71
4 未来への希望
4 あっという間に完結編へ
5 感想



あふれくる魔法に、地球の子どもたちは覚醒した。
大魔女の星ウールでは暗黒の獣グリダが目覚め、子どもたちと
魔法対決を始める。
そして、魔導師の星オリンフェンの隠された真実とは?
壮大なファンタジー完結編。



03年2月の感想です。
完結。魔法に覚醒した地球の子ども達。
大魔女の星の暗黒の獣グリダも目覚めようとしていた。
魔導師ラープスケンジャ、レイチェルやイェミまでが囚われる。
自身の破壊の呪文に戸惑うエリック。
魔導師の星オリンフェンの隠された真実とは。
魔法に目覚めて暴走していく子ども達。

グリダに立ち向かうため団結したはいいけど、これからどーなる?
一件落着してないとても現実的にストーリー。なんだけど、なんか不満。
2・3とだんだん面白さが減っちゃったような。

ただ戦争したがりのアメリカ大統領には、読んでほしい本ですねー。
posted by 北海道人美和 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 か行>クリフ・マクニッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

クリフ・マクニッシュ「レイチェルと魔法の匂い」

レイチェルと魔法の匂い
クリフ・マクニッシュ 金原 瑞人
理論社 (2001/12)
売り上げランキング: 62,788
おすすめ度の平均: 4
4 イェミの活躍
3 こわおもしろい。でも…
5 感極まって



ますます強大な魔力を身につけるレイチェルを倒すため、
遠い星から地球にきた魔女軍団との戦いが始まる。
魔法の匂いが世界に満ちるとき、一体何が起こるのか。
レイチェルのファンタスティック・アドベンチャー第2巻。



2002年5月の感想。
倒した魔女の母などが、軍団を率いてレイチェルを倒しにやってくる。
地球にいる魔力の強い子を訓練して、レイチェルを襲わせようと。

あっけないぞー。短いぞー。
最強魔女軍団がこうもあっさり負けてしまうとは。
対決のページがいやに少ないなーとは思ったけどさ。

しかしせっかくのファンタジーに地球が入ったことで、ちょっと興ざめ。

次作はどこの世界に行くの?地球は空っぽなままなわけ?
ま、地球・動植物にとってはいないほうが良いんだろうけどね。
posted by 北海道人美和 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 か行>クリフ・マクニッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

クリフ・マクニッシュ「レイチェルと滅びの呪文」

レイチェルと滅びの呪文
クリフ・マクニッシュ Cliff McNish 金原 瑞人
理論社 (2001/07)
売り上げランキング: 70,970
おすすめ度の平均: 3.85
5 ビビッドな視覚的描写の世界
2 妄想幻魔大戦
5 まるで映画を見ているみたい!



邪悪な魔女が支配する、暗黒の星イスレア。
あらゆるものに呪文が込められたこの地に、魔女となるべく
連れてこられた少女レイチェルと弟エリック。
はたしてレイチェルはこの星を救う伝説の「希望の子」なのか…。



2002年5月の感想です。

うーん、すっかり最近図書館の子供用のコーナーに入り浸っている私。
これも面白かったー。
たださ、やっぱり思うのは、最後救いに来るなら、もっと早く来いっての。

しかし魔女も怖いが、魔女になる過程が私的には一番怖かった。
特にくもー。ううううう。口からー。想像して卒倒しそうになりました。

2作目も速く読みたいー。次は復讐に来るのかな。スターウォーズのようだ。
ちなみに原題 「The DOOMSPELL」
DOOMが滅び?って事?調べねば。
posted by 北海道人美和 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 か行>クリフ・マクニッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。