2008年06月11日

アクセス 誉田哲也

イケメン高校生の翔矢と雪乃、従姉妹の可奈子が謎のプロバイダに登録してから、次々と奇怪な事件が発生する。同級生の自殺、日本刀に取り憑かれる男、電源を切っても着信するケータイ、連続殺人、忍び寄る幽鬼の手。彼らが堕ちた魔界の連鎖とは?第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。


2004/4/4 完読

パソコン・携帯の基本料金も通話料金も、全て無料になる謎のプロバイダ「2mb.net」
登録してから次々と奇怪な事件が…。
自殺・連続殺人・電源を切っても着信する携帯。
次元を超えたサバイバルが始まった…。


もー、すごい本ですよ。こわい・こわい。
と言ってもホラーじゃないんすよ。
じゃリング系かというと、それよりは怖くない。
何か日常系・自分ももしかして…なんだよねー。

途中からはぶっとぶけど。

いやー、はっきり言ってもんのすごく怖かったっす。
だって私、日頃無料サービス利用しまくりだし。
わが事のように、読んでしまった。

話にも、ドキドキしたしねー。
どんな秘密があるんだよーとか、早く早く解約ってね。
(出来ないとは思ってたけど(^o^) )

そして、実は読み終わりは、爽やかなんですよー。
青春小説?を読んだかのよう…。
ホラーなのに、良い本読んだなーなんて…。
親子の話でもあったしね。



以下ねたばれ


一応主人公なのか?可奈子は体奪い返して解決(お母さんも無事で良かった)、自殺した尚美も、体は違ってこれから大変だろうけどまあまあOK。
いとこの雪乃とイケメン翔矢は、かなりかわいそうだったけど、最後に本当の愛を知って確認しあったから、こちらも勝手にまあまあOK。
(あの世で仲良くしているであろう。しかしあのトイレでの別れの場面は、映画化OKの見せ場やのー。翔矢はタッキーかなー)
ストーカーは、どうでもいい…。
愛人三木は、かっこいいー。キャー。
唯一不幸なのは、喜多川君かー。連続殺人犯だもんね。
しかしなぜ喜多川君だけが、あんなになったのだ?
そして丸山君、君は君は…本当に泣かせるぜー。
仕組みを解明し、尚美を育て、刀を遺して…。
まだ付き合ってもいなかったのにさ。
あー、可奈子と良い思い出、もっとあればよかったのにねー。

しかしラスト、現実世界でこれからどう助けるというのさー。
二人の活躍でもう一冊?(^o^)


アクセス
アクセス
posted with amazlet at 08.06.11
誉田 哲也
新潮社
売り上げランキング: 331844
おすすめ度の平均: 4.0
4 引き込まれる。
4 久々に・・・
4 ネットの闇が怖い・・・
5 携帯電話がこれほどまでに恐ろしいものだったとは・・・

文庫も、出てましたー。
アクセス (新潮文庫 ほ 17-1)
posted by 北海道人美和 at 00:44| Comment(0) | 作家別 は行>誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華 誉田哲也

東京・池袋、喉元を猛獣に食い千切られたような変死体が発見された。だが現場には大量に噴出したはずの血、血痕がない。同じころ、ジゴロのヨシキはヤクザに襲われ危機一髪のところをある女に助けられる。妖艶な顔立ちと抜群のプロポーション、男を蠱惑する媚薬フェロモンを分泌する、No.1風俗嬢・紅鈴だった。一方、警察は三年前に起きた“大和会系組長連続殺害”の手口と今回の事件が酷似していることに着目し、二つの事件を繋ぐ重要参考人―紅鈴に辿りつこうとしていた。エロス&バイオレンスノベルの新星誕生。


ブックオフで見つけて、思わずニンマリ(^o^)
あの私をとりこにした、誉田さんだよね?と、しばらく考えてしまったわ。

で、読んでみて…

めちゃめちゃ、おもしろいんですけどー!
どなたか、映画化しませんかね?
日本で無理なら、ハリウッドでも(^o^)

色々な人が死んじゃうから、無理か?
個人的には、1番かわいそうなのは、刑事の富山。
きっと戻る方法はなかっただろうけど、かわいそう。(。>0<。)

ラストには、がっくりしましたー。
寂しいー!!!(。>0<。)

って、紅鈴の過去は〜?!
何でなったのかとか、語ってないよー。

ヨシキは無事で、紅鈴も是非復活して欲しい!
だってさー、もう他にいないとも限らないし。
まだ内容膨らまして、書けるって、誉田さん(^o^)


主人公の紅鈴の容姿は表紙でわかるんだけど、準主役のヨシキ。
どんな顔?って、非常に気になります(^o^)
最後に見られます!
いい!イケメン!!

しかし、吸血鬼には、生きにくい世の中だなと。
だって、万一指紋でも残っちゃった日には。

戸籍ないから、職業も限られてるし。
女闇神=吸血鬼は良いよ。
紅鈴みたいに、風俗が最適だろうから。
でも男は、ないねー。
ホストは?
と思ったけど、酒飲めないし…。


ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華(あやかしのはな) (ウルフ・ノベルス)
誉田 哲也
学習研究社
売り上げランキング: 606996
おすすめ度の平均: 5.0
5 真夏の東京のミステリー
posted by 北海道人美和 at 00:55| Comment(0) | 作家別 は行>誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

誉田哲也「春を嫌いになった理由」

春を嫌いになった理由(わけ)
誉田 哲也
幻冬舎 (2005/01)
売り上げランキング: 284,665
おすすめ度の平均: 5
5 あたかもバイオリズムのグラフのように



アクセスではまった作者の本。待ってたー。
しかし毎回名字にとまどう私。

やっぱりこの作者良い!春を嫌いになる理由が、ラストちゃんとわかります。
まー、自分だったらどうかは人それぞれだけど、この人の気持ちはわかります。

主人公は霊能力などが嫌い。なのに来日する霊能力者の通訳をする事に。
それとどう関係が?という2つの家族・家庭が進行して。

ま、私もたくさんの本を読んでいるので、どこかで関係して来るんだろーなーとは
思ってたさ。
しかし私も主人公と同じく、若い警官の正体には大びっくり!
これぞ活字の楽しさだよな。
これが映画だったら、どうやってもこの新鮮な驚きは出ないもの。
そういう意味では、同じような感動を与えられたハサミ男。映画はどうなることやら。

ところで1つ疑問が。
ラストでの月(ユエ)と若い警官のバトル。
警官の正体が○ならば、月は見えてた?殴られた?んん?!

あと本はまるでハッピーエンドのように終わるけど、バカ兄弟。
結果的はあんた達のアホな行為のせいで、確実に親しい人が1人殺されてるんだよー。バカー。

そして1つおわび、秋に。
興奮して電話してきたのは、月におどされて呼び出すためだと思ったの、私。
妹に会わせるためだったんだよね、ごめんなさい。
借金共に返そうといってくれたり、あんな事されても話さなかったんだねー。涙
posted by 北海道人美和 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 は行>誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。