2013年03月15日

約束の地 平谷美樹

雑誌のライター・高木のもとを訪れた一人の青年 新城邦明。
彼は自らを超能力者と称し、高木に、かつて存在したウェブサイト超能力同盟への参加者たちを探し出してほしいと依頼する。
邦明は彼らとともに「約束の地」すなわち、通常の人間たちから離れた土地に移り住もうと考えていたのだった。
一方、陸上自衛隊一等陸佐の桜木はサイキック研究の成果から彼らを人間兵器化すべく邦明ら一同の捕獲を画策する。
彼の子飼いの部下・黒崎による追跡は執拗をきわめ、ついに高木はその手に落ちてしまうのだが…。
血が血を呼ぶ殺戮のサイキック戦争!果たして人類に未来はあるのか。


「エリ・エリ」みたいに、いいかなーなんて期待して読んだのですが…。
一応まだ完結ではないみたいなので、また感想は変わるかもなんだけど。

最初は、良かった。
超能力者にリアリティーがあったし、私の考えとも合ってたから。
(私は超能力者はいると思ってる。ただ本物はテレビになんか出てくるはずはない)

だけど、だけど、すべては中盤から崩れ出す。
美術館での和彦対鷹文。
増幅してる鷹文はともかく、何なのよ突然な和彦の能力は。
多分小難しくて理解出来なかった理屈の中で述べられてたせいだな−とは思うものの、唐突すぎて。

そして、親切にしてくれた老人たち。
自衛隊に殺された人はともかく、3人は事実上殺したわけでしょう。
うーん、許せん。
頭ではわかってるんだ。人間の生活と同じだってね。
でもね、やっぱり許せないのさー。
多分、人間より上の存在だからだろうねー。

続きは東京上陸かな。
もう自衛隊の問題だけじゃすまないだろうし、もちろん隠し通せるものでもないだろう。
世界にも波及してるみたいだし。

あとがきには「破滅を目指して」

気に食わないながらも、次巻を待つ…。
本の中での人類が、どう解決するかを知りたいから。

何か未来に実際にありそうだしー。
参考に(^o^)


2003/07/04の感想です。


posted by 北海道人美和 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 は行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ヴィヴィアン 花郎藤子

皇太子という運命を持って生まれてきたヴィヴィアンは、皇太子在位中に突然、ホン大神官の神託によって国外追放された。
彼が、半陰陽の皇帝、ゼノビアの生まれ変わりであるという理由で…。
壮大な愛のドラマを描く問題作。

その朝、ヴィヴィアンはいつも通り7時に起床した。
朝から陽射しの暖かいこの気持ちのいい一日が、自由な一人の人間として過ごせる最後の日になろうとは…。
問題作「ヴィヴィアン」完全版。

上 聖なる半陰陽神
下 赧き禍津日の神

実は、一度読むのを断念した本なのでした。
売るので、もう1回試しに読んだら、あれ?読める(^o^)
前に読んでいたのが、甘い・軽い少女漫画だったからかな(^o^)
前は、なんでつまらなかったんだろう…?


もうね、とにかく、エロ・エロ・エロ(^o^)
最初は、2・3ページおきに、やりまくり(^o^)
こりゃ、男×男好きには、たまらんだろうなーと思う(^o^)
無理やりだしね(^o^)
「お前は俺のものだ」ってせりふに、喜ぶ人もいるだろうし。
私は、ムキーッおこるだけど(^o^)

でエロエロやってるだけかというと、国に戻ってきてからは、ちょっとトーンダウン。
忙しいから(^o^)


そして、下で驚愕!!!
いつ妊娠して、出産したわけ?

妊娠した。嘘だよーん。こらぁ〜(`へ´メ)
から、飛んで急に生まれてるんすけど。

最初、国の為の養子?産んだことにしてる?と思ったんだけど、本当に産んでんじゃん。


んで、陰謀があって、メンバーにびっくり&クロスの何でも知ってさにあ然で

ヴィヴィアンには気の毒だけど、事件がある…と。

しかし、金が欲しかったら、身代金とかにしとけばよかったのに、実行犯も。
そしたら、殺されることはなかったろうに…。

んで、最後はいわゆる、夫に妻に子供ひとり。
(また半陰陽かい!かわいそうに。でも、同じ人がいるから、頼れるしね)
理想的な家族?
まっ、母の違う双子+愛人もいるけどね(^o^)


ところで、女医ジュリアとシドは、ここに住んでるの?
イギリスから往診?


2008年9月12日の感想です。


聖なる半陰陽神 (完全版 ヴィヴィアン)

赧き禍津日の神 (完全版 ヴィヴィアン)
ラベル:禍津日 半陰陽
posted by 北海道人美和 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 は行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。