2009年09月12日

エッジ 鈴木光司

人が消えていく―それは長野、新潟、カリフォルニアで相次ぎ起こった。
誘拐、家出、神隠し、いやそれとも…調査をはじめたフリーライターの冴子は未曾有の世界的変異を嗅ぎとる。
彼女の父もまた18年前に忽然と消息を断っていた―。
「リング」シリーズ以来10年ぶりに解かれた封印。超野心的ホラー小説最終形。

きっと会える―冴子は失踪前の父がボリビアで書き残した手記のなかに、世界の仕組みを解き明かす鍵を発見した。
テレビマンの恋人、霊能者、物理学者の力を借り、もう少しですべての答えを手にできそうだが…。

う〜〜む。
9割9部、わからない…(^o^)

まっ、でも、京極堂と同じで、深く考えず読み進む(^o^)

で、結果は…。


へ〜〜〜〜ってな感じなの。

感慨も感動も、失望も怒りもなく…。
?????って印象です。

ま、わからなくても読み進めたおかげで、1日で読めたので、時間の無駄ってほどでもなかったのが、幸い。


あっと、お互い好きな主人公とディレクター。
結局関係ももてない・時空さえも離れちゃう…っていうのが、ちょっとかわいそうだったかなーと。
次の世界では、どうか?…だけどね。


2009年2月22日の感想です。

エッジ 上

エッジ 下
posted by 北海道人美和 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 さ行>鈴木光司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。