2013年03月05日

感染夢 明野照葉

不可解な夢に現れる、妖艶な女。夢から夢へ、不幸が伝染してゆく…
ベストセラー『契約』『汝の名』の明野照葉の原点といえるサスペンスホラーの傑作がついに文庫化!
幸せな暮らしを営んでいたはずの従兄弟が、一家心中を遂げた。
阿波隼人は、従兄弟が生前、不可解な夢に苦しんでいたことを知り驚愕する。
隼人も、同じ悪夢に魘されてされていたからだ。夢に出てくる女は誰なのか。
そして、隣に越してきたあの女は――隼人の日常が、少しずつ狂ってゆく。
衝撃のラスト1ページまで繰る手が止められない、ノンストップホラー!


従兄が無理心中。遺品にメモ帳が。
最近見ている悪夢と、同じ書き込みが。
見たことがあるような女性が越してくる。
そして恋人も同じ悪夢を見ていることがわかって…。

こわいー、こわいー。
ただでさえ闇が怖くてタイマーで明るいまま寝ているのに、こんな本読んだらー。
なんでこの人たちを狙うんだろう…たまたまか?なんて思っていたら、すんごい理由があってびっくり。
それにしたって、本人には関係ないことで恨まれたってねー。
話が通じる相手なら、逆恨みだよって言えるものを。

なんで?なんで?と読ませていく内容はいいと思うんだけど、解決方法とラストがホェ?って感じで、もったいないわ。
都合よく、強い能力持っている人が見つかるなんてねー。
おまけに、その人におまかせって感じだし。

ラストは、すごーくありきたりで、もう見え見え。
何で周りが皆気づかないのか、全く疑問なのです。


2003/06/08の感想です。


posted by 北海道人美和 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

プルミン 海月ルイ

信宏、孝、秀樹、雅彦。
公園で遊んでいた四人の小学一年生は見知らぬ女から乳酸飲料のプルミンを貰い、それを飲んだ雅彦が死んだ。
雅彦は他の子達に暴力をふるい、物品をとりあげていた。
雅彦の母・佐智子に抗議した信宏の母・亮子は葬式で佐智子に「あんたが犯人だ」と罵倒される。
現代の母親達の心の闇を描く傑作ミステリー。


乳酸飲料プルミン、宅配のプルミンレディー…。
大丈夫なんでしょうか。まんまヤ××トなんだけどー。

すっごく面白かったです。第2の殺人後からは(^o^)

犯人わかんなかったー。えええ!って感じで。

ま、推理の手段が独特だものねー。
前半は面白くなかったので、頑張って読んでよかったー。
登場人物が多いので、途中からは自分で相関図を作ってしまいましたよ。

普通こういう本を読むと、犯人とか被害者とかに同情したりする部分があるんだけど、この本では私はそういうのあんまりなし。
(あ、プルミンの犯人と、子供たちにはちょっと同情。)

出てくる人・出てくる人、実際にいそうな私の嫌いなタイプで。

特に死んだ子供なんか、どちらかというと犯人に
「間違ってくれてありがとう」みたいな。
それこそ本当に天罰だったら良かったのに。

やっぱり子供がいない・作る気もない・好きでもないっていうのが大きいのかな。

できれば他の気になった、モルモットばばあ、死んだ子の母、固いパンじじいも何とかしてほしかったなー。

それにしても、真犯人。
殺したのは一人だけれど、結局このバカのせいで3人の人間が死んだんだよー。
いや、生まれてこなかった子も入れると5人か。ああ、最低。

ラストの場面はドラマに最適!なんて思ったんだけど、多分映像化無理だよねー。
だって、プルミン、絶対ヤ××トを連想するよー。
まずいだろう。飲んで死んじゃうなんてさっ。


2003/06/06の感想です。


posted by 北海道人美和 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

イエスのビデオ アンドレアス・エシュバッハ

イスラエルの遺跡発掘に参加した学生スティーブンは、一体の人骨と副葬品の布袋を発見した。
袋の中にはビデオカメラの説明書が…
人骨はたしかに2000年前のものだったが、現代医学の治療跡があった。
この人物は過去へ片道の時間旅行をしたのか?
ではカメラを見つければ、驚異の映像がそこに?
メディア王は映像を独占すべく私兵を投入し、一方バチカンの秘密部隊が現われ、発見者スティーブンとの壮絶な三つ巴戦に!

謎のビデオを追うスティーブンは嘆きの壁に秘密が隠されていることを突き止める。
そこには現世から完全に隔離された古い修道院があった。
ビデオはここで守られてきたに違いない。
ついに映像が見られると興奮する彼に、メディア王の放つ私兵と、バチカン秘密部隊の恐るべき魔手が追っていた。
ロマン眠る砂漠の地を舞台に展開する、壮大な冒険小説。
ドイツ・エンターテインメント小説の最高峰クルト・ラスヴィッツ賞受賞作。

上の感想

そうだなー、今ひとつかも。
だけど、頑張って読んでたら、時間旅行者の経緯もわかるかも…。

そして、下には期待が…!?(^o^)
とりあえず、読むのだ(^o^)
教会からんできたから、おもしろくなるか〜〜〜?

これまでに、バチカンがからんで、ドンパチ本を結構読んでいる私。
天使と悪魔、最終審判の日、約束の地…。

ワクワク

今や、本の中での絶対的悪は、バチカンかもしれないね(^o^)


下の感想

えーとね、つまらなくて、おもしろくて(^o^)
表現できない!!!

探索には、超ドキドキするし、ビデオカメラ本体の結末は…予想通り?(^o^)
(でも、てっきり主人公がコピー取ってるかと(^o^) 映画ならそうなる(^o^) )

大きな声で言っちゃう!

バチカンはねー、キリストが今出てきたら、告訴するってさぁ〜〜〜〜!!!

(^o^)
狂信者というより、大きな権利を守るのに、必死なビジネスマン達の集団だもんねー(^o^)

ビデオのその後…。
自分はどちらなのかな?と思いますね。
感じるか?感じないのか?

ただ何にしたって、見てみないと始まらない。
この世界、現実であれば、もうインターネットで見ているのでは?


しかし、ラストはいいねー(^o^)
私はてっきり主人公だと思っていたけど…。
ってか、私、色々な物渡したくなっちゃった(^o^)
電池、カセット、良い紙、良い筆記具、ボイスレコーダー?

タイムパラドックスを避けるためにも、それにしても運命だよねー、色々な人が。


2008年10月21日の感想です。


イエスのビデオ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
アンドレアス エシュバッハ
早川書房
売り上げランキング: 507165
おすすめ度の平均: 3.5
4 読みきるのは相当の精神力が必要です・・・
2 読んでる最中はいいんだよ
2 あざとい作品
4 説明書から
3 せっかくの素材が旬の味を十分いかしきれないまま盛りつけられた料理


イエスのビデオ〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
アンドレアス エシュバッハ
早川書房
売り上げランキング: 489438
おすすめ度の平均: 5.0
5 目を見張り、息をのみ、心拍数が上下する!

posted by 北海道人美和 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

EM(エンバーミング) 雨宮早希

村上美弥子は、悲惨な遺体を生きているかのように蘇らせることのできる専門技術者だ。
ある日、平岡刑事からの依頼で仕事が舞い込んだ。
遺体の主は一七歳の少年で、自らの肉体をナイフで十数箇所も切り裂いて自殺した。いったいなぜ?
完璧な遺体の処置を終えた美弥子は連続殺人事件に遭遇し、何者かに狙われる…。

2を先に読んでいて、1があるんだろうなー(^o^) と思っていたら、数年かかって発見!
ワーイ、ブックオフ(^o^)

平成10年発行の本だから、ちょうど10年前。

でも、全然古くさくない。
それだけ、まだエンバーミングが浸透していない?

エンバーミングは、良い事だと思いますよー。
お金がかかるのが、一番の問題だと思うけど。(いくらくらいなんだろう?)
でも、それも、普及して普通になれば、もっと安くなるんだろうねー。

今年、祖母の葬儀に行ってきたけれど、火曜早朝に亡くなって、土曜に通夜。
イヤー、顔見たけど…。
多分子供なら、トラウマになっただろうって感じ。
昨年会ってるのに、面影ひとつもなし。
(ただやせたってだけじゃなくてね)

で、かんじんの本の内容は…。
う〜ん、こんなもんかな…(^o^)

だってさー、多重人格で…って言われたら、何でもありだもんねー。
しかし、多重人格者同士が出会う確率って、どれくらい?

それにしても…
少年の出生なんですけど。

何で気づかないかなー!
祖父は猫かわいがり、継母は毛嫌い、父でさえ愛情なし。
本当の母は、家を出て…。

普通、うっすらとでも、感じるよねー。
おかしいなー。もしかして?って。

おぞましいって言うけど、嫁は他人で女だからね。
オイ(^o^)


2008年7月22日に読みました。

EM(エンバーミング) (幻冬舎文庫)
雨宮 早希
幻冬舎
売り上げランキング: 751594
おすすめ度の平均: 4.0
4 美しいエンバーマー
posted by 北海道人美和 at 01:15| Comment(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

東京デビュー 道産子娘、ナイナイづくしの上京のほほん日記 いしざわあい

彼氏なし!お金なし!コネなし!経験なし!常識なし!根性な
し!センスなし!羞恥心なし!携帯もメールも普及してなかった頃のハナシ。
18歳ではじめての上京、テレビもベットもトイレもない6畳の部屋で始めた東京暮らし、そして就職...そんな彼女の社会人生活を描いたドタバタ&しんみりコミックエッセイ。
これから社会人になるあなた、地方から上京して東京で暮らし始めるあなた、このエッセイに描いていること以上にたくさんの衝撃と感動に出会うはず!!そんな風に、この本を読んでもらえるととても嬉しいです!

藻岩山の夜景のイラストに、萌ー。
しかしページをめくると、そこには雪国の日常が。
ウソンコドラマと違って、在住本人の話なので、マジリアルっす。
雪の降る夜は、音が消える。
そうっ!!(^o^)

しかし、東京到着からが、ありえねー。

会社に到着したら、武道館に集合。入社式!
??事前に聞いてないの…?!

そして、地下鉄で寝る?!→入社式に遅刻!!
ありえない!!

っていうか、会社に直接行くのに、空港でたくさんのお土産を買うのがありえない!
ま、私なら、時間にどんなに余裕があっても、前の日から行ってるし。

ってか、地下鉄降りて急いでるのに、写真撮るのもありえない!!!


「貯蓄なし、給料使い方に計画ナシ」
こんなの駄目。ありえない。

「イメチェンでムナシ」
銀座の大きい出版社に就職して…化粧もパーマもカットもなしって…。

「部屋の足の踏み場ナシ?」
これは今の私…?


大きく共感できたのは、電話の恐怖。
私もいまだに、嫌。
早口だし、未知の言葉だから聞き取れない。

気になったのは、飼っちゃう猫「ぷう」
家へ着いたら豹変しますが(話してるし!!(^o^) )、実際はどうなんでしょ?

「味わう舌なし」
フランス料理のランチ。2800円でこのボリューム…。
私もやだ…(。>0<。) 余白の美って(^o^)

「オトコを見る目ナシ」
スーツを着ると3割増。
その通り!!!私も好きだ!!
スーツ美を語った1ページに、私もうっとり。
特に
ダブルカフスのシャツに光る、ゴツゴツしたシルバーの時計

…ウヒャ〜〜!!!(^o^)


東京デビュー。-道産子娘、ナイナイづくしの上京のほほん日記
posted by 北海道人美和 at 22:32| Comment(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ストームブレイカー 女王陛下の少年スパイ!アレックス アンソニー・ホロヴィッツ

唯一の肉親イアン叔父さんが、交通事故死にみせかけて殺された。悲しみに暮れる間もなく、14歳のアレックス・ライダーは、叔父さんがMI6(英国の諜報機関)の特殊工作員だったという事実を知る。MI6にスカウトされた彼は、全身傷だらけになりながらも地獄の訓練に耐え抜いた。敵は、正体不明のコンピューター王だった。やがて、リベンジ作戦が開始された…痛快アクション・ファンタジー。


ストームブレイカー―女王陛下の少年スパイ!アレックス (女王陛下の少年スパイ!アレックス)
アンソニー ホロヴィッツ Anthony Horowitz 竜村 風也
集英社 (2002/08)
売り上げランキング: 94507
おすすめ度の平均: 4.0
5 文句なくおもしろい
5 面白かった
3 カッコイーなぁアレックス


03年3月読破

アクション・ファンタジー?!
正味二日くらいで読んじゃったね。
なんていったって子供向け。

まず挿絵が変。
有名な方のようですが、全然好きじゃない上に、内容読んだ?って感じです。

あと不思議なことが、山ほど。
叔父さんとの関係、希薄すぎない?
素性隠してたんだから、MI6だったことを知らないのは当たり前だけどさ。
こんなすごい活躍をした工作員に報酬なし?
普通なら死んでるのに?
特別作戦局長、冷たすぎない?
子供を工作員にしておきながら、その態度って。

ライダーの活躍が、あまりに人間離れしてます。
面白くないわけじゃあないし、次作も見るつもりだけど、うーん。
面白かったのか?誰かに薦めれるのか?と聞かれると…。

ま、とりあえず殺し屋ラストシーン、かっこいいですわー。
って事で。
タグ:スパイ MI6
posted by 北海道人美和 at 00:14| Comment(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

遺体処置 EM2 雨宮早希

村上美弥子は遺体に修復を施す日本人初のエンバーマーだ。職業柄並大抵のことでは動じないが、それにしても今回の依頼は悲惨なものであった。東北地方の山中で飲料水メーカーのD社所有のヘリコプターがペンションに激突し、多数の死亡者が確認された。現場に出張した美弥子は想像を絶するような仕事を見事に成し遂げるが、ヘリコプターに搭乗していたD社の技術者・天草耕司が自殺を図った可能性があることを警察から知らされて…。


遺体処置―EM〈2〉
遺体処置―EM〈2〉
posted with amazlet on 07.10.05
雨宮 早希
幻冬舎 (1997/07)
売り上げランキング: 81581
おすすめ度の平均: 5.0
5 不快感のないグロテスクさがGood !


2003/12/03 完読

遺体に修復を施す日本人初のエンバーマー。
山に墜落したヘリでの遺体を扱うことに。事故に思われたが…。

まず読み終わって思ったのは、1巻を探さなくちゃ(^o^)

最初に考えていた展開とは、ちょっと違った。
きっとエンバーマーが遺体から事故の真相を…なんて思ったのよね。
確かにそうはなったんだけど、伏線の方で。

基本的にこの本、登場人物にムカムカムカムカ。
特にバカ母にバカ息子。
特に息子は、この単細胞のせいで一つの事件が終着するんだけど、論理についていかれない。
冷たくされたから殺すって、オイオイ。
私は家族が事故で死んだ事ないし、疑われたこともないし、男性でもないから気持ちはわかるはずないってわかっていても、行動にかなりの疑問符が。
私だったら真っ先に母を支えるし、疑われたら何とかしてはらそうとするけどね。フー。

それにしても主人公の彼氏がいいー。超お気にである。
やっぱりいい女にはいい男が寄ってくるのよねー。
posted by 北海道人美和 at 01:30| Comment(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

太田忠司「月読(つくよみ)」

月読、それは死者の最期の言葉を聴きとる異能の主。故郷を捨て、月読として生きることを選んだ青年、朔夜一心と、連続婦女暴行魔に従妹を殺され、単身復讐を誓う刑事、河井。ふたりが出会ったとき、運命の歯車は音を立ててまわりはじめる。


ものすごく、面白い本でした。
何が良いって、本の中での全ての事件が絡まりあって、ラストに向けてギューってまとまっていくの。
全ての事件の真相が見え、疑問が解消。
途中まで、出生の秘密とか、色々で、おどろおどろしかったのが、ラストいっきょにはればれ。

特に冒頭で、克巳のジョギング中に読者にちょっと紹介(^o^) されただけの、あれが関わってたのには、ほんとびっくりしました。それがかかわってたとはーーー。

降参。

読んでて気づかなかった事が出てくる本は、大好き!!

舞台は現代であって、現代ではない設定。
何だそりゃって感じですね。
現代そっくりの、別な現代です。
すっごく普通なので、何だか違うなーと気づくまでに、ちょっと時間が。
それまで「え!そんな事あったの?」とか、「え!そんな歌歌ってたの?聴きたい」とか思っていた私です。

タイトルの月読(つくよみ)とは、月導を読める人のこと。
月導とは、人が死んだ時に残す思いが、何らかの形で残ったもの。

かといって、この本は、その月読が、月導を読んで難事件の犯人を当てるとかそういうのではないんだよね。
月導は何でもかんでも語ってくれるわけではないし、月読は全能ではない。

といいつつ、別々な2つの事件の解決に現れた時には、おお!っと。
ええ??そんな能力が?って思ったんだけど、普通に考えたら普通のことでした。
(ちなみにその場面は、何だか京極堂のようですな)

高校生ともども良い関係で、これからはシリーズ化?と思ったら…。
やすしと克巳とけいこと刑事と月読で、シリーズ化お願いします。

1つ残念な事を言うならば、ファンタジー系によくある現象だけど、氏名が難しいこと。
炯子(けいこ)
也寸志(やすし)
類家明美(よりいえ あけみ)

特に一番イラっとしたのが、高校生「絹来(きぬき)克巳」
この場合は読める。まあ何とか。
ただ名字が名字らしくないので、登場人物がそれぞれ名字と名前を呼び分けると、誰それ?って感じになる。
登場人物の一覧もないので、登場の場面で克巳としか知らなかった少年を、直後少女が絹来と呼ぶ。
は?って感じでしたよ。
え?克巳じゃないの?ってね。

なぜ、名前を難しくしたがるんだろう。
内容がよければ、主人公が山田花子だろうと、山田太郎だろうと、良いものは良いのに。

月読(つくよみ)
月読(つくよみ)
posted with amazlet on 06.07.23
太田 忠司
文藝春秋 (2005/01)
売り上げランキング: 98,501
おすすめ度の平均: 5
5 人の思い
5 設定の良さが光るファンタジーミステリー
posted by 北海道人美和 at 23:57| Comment(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

S・D・タワー「王国の暗殺者レイル」

レイル―王国の暗殺者
S.D. タワー S.D. Tower 西田 佳子
ソニーマガジンズ (2004/09)
売り上げランキング: 109,461
おすすめ度の平均: 4.75
5 こんな本にはめったに出会えない
5 壮大な物語
4 愛と妄執と。


幼かったわたしは、針をなくした責めを負って村を出た。森で拾ってくれたのは、優しい面差しの女だった。「マザー」と呼ばれるその人に導かれ隠れ里へ行ったのはいつだったか…。暗然たる力をもつ、王国タムリンの女王。その下で美しき暗殺者に育った少女レイルは、ダーデインの若き王のもとへ送りこまれる。読みだしたらとまらないミスティック・ファンタジー。


ものすごい本です。
もしかしたら、今まで読んだ本の中で、10本の指に入るかも。
大興奮です。

ちなみに私は、あっという間に3分の2を読んで、残り3分の1を2週間かけて読みました。
これは、素晴らしい本を読んでいる時の、私のいつもの状態です。
続きを読みたい、でも読んだら話は終わるし、この後どうなるの?悲劇?ハッピーエンド?知りたい・知りたくない…。
という葛藤があって、読めなくなるんですよ。

それにしても、いつも以上に長い間読めなかったのは、だいたいラストの予想がついてきて、あまりにかわいそうで、心配で…。
予想の結果は言いませんけどね…。言いたいけど(^o^)

とにかく、ものすごく面白いです。
それしか言えない。
レイルという女性の、生涯の話です。
川で拾われたレイルが、偶然出会ったタムリン国の女王の養女となり、様々な教育を受けて太陽王の元に…。

魔法あり、戦争あり、国と国との駆け引きあり、愛あり、友情あり、裏切り・信頼・呪いあり。
レイルの出生も含めて、過去の全ての事がより合わさって、真相がわかると。

そして真相がわかると、レイルのその後が、気になって気になって。

でも、その疑問や心配も、きちんとこの本は、解消してくれるんですけどね。
ただ、最後は、ちょっぴり皮肉な運命かな…。

とにかく、とんでもなくすごかった本だということは伝わって欲しいです。

………………………………
レイルで検索したら、こんなの出ました。何で?
【キュートなハート型のボディ】超話題の白金ナノコロイド配合!フェロモンでモテ髪に!プラチ... 深キョンのドラマ「富豪刑事」で使用!●エアジュエリーカクテル ルビーゴールド
posted by 北海道人美和 at 14:57| Comment(0) | 作家別 あ行>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。